ハウステンボス「100万本のチューリップ祭」夜になるとチューリップが光るイルミネーションも

写真拡大

長崎県・ハウステンボスにて「100万本の大チューリップ祭」が開催される。期間は2018年2月10日(土)から4月15日(日)まで。

「100万本の大チューリップ祭」は、ヨーロッパの街並みに、日本最多700品種以上のチューリップが咲き誇る。昼は満開のチューリップに囲まれ、夜はライトアップイベントが行われるなど、ハウステンボスが1年で最も贅沢になる時期となる。

チューリップの新三大スポットが誕生

今年度から、個性豊かな3つのチューリップスポットが新たに誕生。一つ目は、ハウステンボスの入口ゲートを抜けたエントランスで来場者を迎える「エントランスガーデン」だ。入っていきなりのチューリップデコレーションに期待が高まるはず。

2つ目は、アトラクションタウンの運河上に現れる「チューリップピラミッド」。カラフルなチューリップで飾られたユニークなオブジェは、フォトスポットとしてもおすすめだ。そして三つ目は、アムステルダム広場に作られた「ハートガーデン」。チューリップを使用し、大きなハートモチーフを見事に表現している。

夜に光る世界初「光るチューリップ」

ハウステンボスの代表的な三連風車を背景にチューリップが咲き誇る「フラワーロード」では、夜になると「光るチューリップ」を見ることができる。「光るチューリップ」は、有機ELによって光る世界初のチューリップ。音楽に合わせて輝き、イルミネーションスポットとして楽しむことができる。なお、「フラワーロード」にはカラーの異なるチューリップをライン状に植えているので、昼間はチューリップが織りなすストライプ柄の景観を楽しめる。

チューリップに囲まれて食事も

ハウステンボスの中心に位置するアムステルダム広場では、チューリップに囲まれた広場内で、ライブ演奏とともにホテルシェフが監修するグルメを味わうことができる。夜になると広場はライトアップされ、ヨーロッパの街並みにいるような、幻想的な世界に変化する。

詳細

ハウステンボス「100万本の大チューリップ祭」
期間:2018年2月10日(土)〜4月15日(日) ※3月17日(土)〜4月9日(月)はスペシャルウィーク
住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
■エントランスガーデン
期間:2月10日(土)〜4月15日(日)
■チューリップピラミッド
期間:2月10日(土)〜3月11日(日)
■ハートガーデン
期間:3月17日(土)〜4月9日(月)

【問い合わせ先】
ハウステンボス総合案内(ナビダイヤル)
TEL:0570-064-110


[写真付きで読む]ハウステンボス「100万本のチューリップ祭」夜になるとチューリップが光るイルミネーションも

外部サイト

  • 2016年イルミネーションまとめ - 東京、大阪、名古屋、仙台などおすすめスポットを特集
  • 「光の王国」長崎・ハウステンボスにて - 花畑、動物がライトアップ&3Dプロジェクションマッピングも
  • 「ギンザ・イルミネーション 2016」日中も輝くオブジェ、昼と夜の“ギンザ”を美しく照らし出す