U21日本代表、3連勝でGSを1位通過…3ゴールで北朝鮮を下す

写真拡大

 AFC U−23選手権中国2018・グループステージ第3戦が16日に行われ、U−21日本代表がU−23朝鮮民主主義人民共和国代表と対戦した。

 第2戦のタイ代表戦からスタメン全員を入れ替えた日本は、前半から北朝鮮を攻め立てる。29分、ペナルティエリア内で旗手怜央からスルーパスを受けた伊藤洋輝が思い切りシュートを打つも、枠を外してしまう。

 すると32分、敵陣で得たFKがゴール前に送られると、柳貴博がふとともで押し込み先制点を奪う。43分にはペナルティエリア内で裏に抜け出した伊藤がグラウンダーのクロスを送ると、最後は三好康児が押し込み点差を広げた。

 押し込んでいた日本だったが52分、オフサイドラインぎりぎりで抜け出されたキム・ユソンがボールを受けると、GKとの1対1を冷静に決められ、点差を1点に縮められる。それでも73分、獲得したPKを旗手が蹴ると、シュートはGKに防がれるものの、バーに跳ね返ったボールがGKの肩にあたりそのままゴールへ転がった。ラッキーな形で得点を奪う。

 試合はこのまま終了し、グループステージを3連勝で終えた日本が決勝トーナメント進出を決めた。19日に行われる準々決勝で、日本はグループAを2位で通過したウズベキスタンと対戦する。

【スコア】
U−21日本代表 3-1 U−23北朝鮮代表

【得点者】
1−0 32分 柳貴博(日本)
2−0 43分 三好康児(日本)
2−1 52分 キム・ユソン(北朝鮮)
3−1 73分 旗手怜央(PK)(日本)