2試合ぶりの先発となった三好は精力的な動きで前線の起点となり、2点目をゲット。(C) Getty Images

写真拡大

 U-23アジア選手権のグループステージ第3戦、日本対北朝鮮が1月16日、中国の江陰スポーツセンターで日本時間の17時にキックオフされた。日本は引き分け以上で首位突破が決まる。

 日本は第2戦から先発メンバーを総入れ替え。3-4-2-1の布陣で臨んだ。GKは波多野豪、3バックは右から柳貴博、庄司朋乃也、古賀太陽と並び、中盤はボランチに森島司と伊藤洋輝を起用。両翼は右に長沼洋一、左に浦田樹。2シャドーは右に三好康児、左に旗手怜央が入り、1トップには小松蓮が起用された。

 日本は立ち上がりからポゼッションで優位に立つものの、なかなかゴールチャンスに結びつかない。しかし33分、セットプレーからDFの柳が右足で押し込み、ゴールネットを揺らす。日本が先制した。

 さらに日本は43分、左サイドを突破した旗手から追い越した伊藤にボールが渡り、そのクロスに三好が左足ダイレクトで合わせて追加点。日本が2点をリードする。前半を2-0として折り返した。