先月、双子たちが泣いてしまった時に備え、同じ飛行機に乗り合わせた乗客たちにノイズキャンセリングヘッドホンをプレゼントしたジョージ&アマル・クルーニー夫妻。今度は舞台で主演を務めた女優にサプライズで花束と手紙を贈ったそう!

2人が鑑賞したのは、イギリス・バークシャー州のソニングにある劇場、ザ・ミルで公演された『マイ・フェア・レディ』。主役のイライザ役を演じたベサン・ナッシュは、ジョージとアマルからのプレゼントを見て大喜び。すぐにお礼のメッセージを自身のインスタグラムに投稿した。

「ジョージ&アマル・クルーニーから手紙と花束をもらった! 妖精の粉をもらうよりも嬉しい! ありがとうございます!!!」

手紙と聞いて、気になるのがその内容。直筆で書かれたジョージの手紙には、このように書かれていた。

「最高の舞台でした。素敵な夜をありがとうございます」

「アマルも僕も最後まで楽しむことができました。どのキャストもとても素晴らしかったです。レバノンの家族もとても喜んでいました。ありがとう、そして残りの公演も頑張ってください。ジョージとアマルより」

2017年6月に双子のエラとアレクサンダーが誕生し、現在はソニングにある豪邸で暮らしているジョージ&アマル。先日乗客に渡したヘッドホンは、ジョージがシンディ・クロフォードの夫ランディ・ガーバーと経営するテキーラブランド、カーサミーゴスのロゴ付きで、「双子たちが泣いてしまったらごめんなさい」と書かれたメモも添えられていたらしい。周囲に気を配りつつさりげなく宣伝するなんて、さすがジョージ!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Reiko Kuwabara

From: Harper's BAZAAR UK