イメージ

freee株式会社は16日、同社の会計ソフトfreeeが、AppleのMacでの確定申告の電子申告に対応したと発表した。同社によるとMacへの対応は会計ソフトとして初めてとしている。

Windowsには2017年2月に電子申告に対応していたが、今回Macにも対応。確定申告書類の作成から提出までをfreeeのクラウドサービス上で完結することができる。

作成方法は、画面上のガイドに従った必要事項を入力していくスタイル。質問に答えるだけで簡単に作成でき、青色申告・白色申告の申告書類作成を始め、医療費控除、国民年金や国民年金基金、生命保険や地震保険の控除、配偶者控除の入力や損失繰越など、個人事業主の確定申告に求められる、多様なニーズに対応できる。

作成したデータは税務署に直接提出したり、出力して郵送することも可能。

料金プランは確定申告書類の作成だけができる30日間の無料プラン、作成した書類を出力できる月額980円のスタータープラン、機能がフルで使える月額1980円のスタンダードプランが揃う。

freee
URL:https://www.freee.co.jp/
2018/01/16