ダニエル太郎2回戦進出ならず、ベネトーに1-3で敗れる[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の2日目、ダニエル太郎(日本/エイブル)とジュリアン・ベネトー(フランス)が対戦。セットカウント1-2で追い込まれたダニエルは、第4セットも1-6で落とし、セットカウント1-3で敗退となった。

ここまでの3セットは、7-6(6)、6(0)-7、4-6と第1セットを取るも、ベネトーに連取され逆転を許していた。

第4セットの第1ゲーム、ダニエルは気持ちを切り替えて臨みキープするも、第3ゲームでブレークされてしまう。さらに第5ゲームも続けてブレークされ、差が開いてしまった。

第5ゲームのデュースでは、前に出てドロップショットを試みるなど、最後まで諦めずに攻めようという姿が見られたが、肝心のそのショットがネットに掛かるという結果になってしまった。

その後は、やはり格上らしいというベネトーの粘りのプレーが続き、第2ゲーム以降を連取したベネトーに1-6で第4セットを取られ、ダニエルは1回戦で敗退となった。

(テニスデイリー編集部)

※写真は残念ながら1回戦で敗退となったダニエル太郎
(Photo by Scott Barbour/Getty Images)