画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「学割先生」驚きの中身

ソフトバンクは1月15日、記者発表会を開催し、同社の学生向け割引サービス「学割先生」を1月17日から開始すると発表した。これまでの学割が学生だけを対象としてきたのに対し、学校の教師も対象にしている点が新しいが、一体どのような戦略を立てているのだろうか。

○大容量ユーザーに特化した「学割先生」

今回発表された「学割先生」は、パケット容量が50GBの「ウルトラギガモンスター」をベースに、最大で月額3980円〜という価格を実現した、大容量ユーザーよりのプランだ。また、最新のiPhone 8/8 PlusやiPhone Xなどが最大で90%オフになる「半額サポート for iPhone」も適用されるため、最初からiPhoneの最新機種でスマホデビューが可能になる。

対象となるユーザーは25歳未満、または学校の教員(厳密には「公立学校共済組合組合員証」「文部科学省共済組合組合員証」または「私立学校教職員共済加入者証」を提示できる人)で、通話定額(ライト含む)とデータ定額50GBに加入することが条件となる。

これまでの学割が1〜20GBまでの各プランを利用できたのに対し、「学割先生」では「ウルトラギガモンスター」しか選べないことと、若年層については従来通りだが、新たに教員を対象としたのが新しい点だ。

この点について、ソフトバンクの榛葉 淳代表取締役副社長兼COOは、中高生などを中心に学生・生徒にスマートフォンが普及しており、学校の先生たちにも生徒たちとの情報共有などをしやすくするため、同じ環境を安価に提供したいという狙いがあるとした。

文部科学省の「文部科学統計要覧(平成29年版)」の「学校教育総括」によると、全国の教員数は約192万人で、専属の教員である本務者だけでも約139万人に上る。特定の職種に対する割引はあまり意味がないのではと思っていたが、ここにさらに家族などが加わる可能性を考えても、なかなかインパクトのある数字だ。

また、春商戦は学生の契約が増加する時期であり、ソフトバンクでは1〜5月に学生の新規契約の76%が集中しているという。MMO総研の調査では学生ユーザーのスマートフォン利用時間の平均が1日あたり5.3時間に達するという結果を紹介し、学生と大容量プランの相性がいいことを強調した。

●スマホ初心者向けプランも拡充

○初めてのスマホユーザー向けにも割引を拡充

学割が大容量ユーザーに特化している一方で、 学生ユーザーのおよそ過半数となる54%が初めてのスマホになるという調査結果を紹介し、こうした「初スマホ」ユーザー向けの「スマホデビュー割」も拡充された。こちらは月間1GBながら、1980円/月で利用できる低額サービスだ。

割安な利用料の代わりに購入できる端末(特別割引機種)が決まっていたのだが、今回この端末に、最新の「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」が加わった。これにより、iPhone SEを含む従来の6機種から8機種へと対象機種が増えたことになる。

学生の間ではiPhoneが根強い人気を保っており、できれば最新機種を使いたい、という要望も高い。そこでiPhone 8というのは確かに魅力的な選択肢になるだろう。ちょっと邪推すれば、iPhone 8がiPhone Xの人気に押されて在庫が余り気味だからなのではないか、という意地悪な見方もできなくはないが、ユーザーとしては選択肢が広がるのだから歓迎できるだろう。

このほか、2月〜4月に開催される「SUPER FRIDAY」においても学生が優遇される内容となることが明らかになった。具体的には、2月の金曜日に提供される「吉野家の牛丼並盛り」が学生(25歳以下)ユーザーの場合は1回につき2杯ずつ、3月の「サーティーワンのアイス(シングルカップ)」が4月にも引き続き提供される(一般ユーザーは3月のみ)、ということになる。

●学割強化の狙いは?

○学割強化の狙いはユーザー基盤の安定化か

総務省のガイドラインが登場して以降、端末の大幅な値引きなどが影を潜め、低価格なMVNOが10%近いシェアを獲得するなど、携帯市場にも流動化の動きが見えてきた。これに対して3大キャリアは端末の割賦契約を2年から4年に伸ばしたり、長期契約者への特典強化などで対応しているが、昨年あたりから強化されているのが「学割」だ。

キャリアが学生を狙う理由としては、親が生計を握っている学生の場合、複数回線割引を提供することで親子を共に獲得しやすいこと、卒業までの数年はキャリアが変わりにくいこと、結果として長期割引が適用されるようになれば、卒業後も長く利用することが期待できることなどが挙げられるだろう。そのため、通常プランと比較するとかなり思い切った割引が行われているのが現状だ。

NTTドコモは「ドコモの学割」、auは「ピタット学割」「フラット学割」を展開している。「ドコモの学割」は親とシェアグループに入ることで月額280円〜という低価格を、auは月額1480円/1GB〜の「ピタット定額」、20GBで3980円〜、30GBで5980円〜(それぞれ通常は4500円〜、6500円〜)の「フラット定額」で、低価格志向と大容量ユーザーをともにカバーしている。

これに対抗する形となったソフトバンクは、大容量側のユーザーは他社に倍する50GBの「学割先生」で大きく掬いつつ、低価格志向のユーザーへは「スマホデビュー割」にiPhone 8を加えることで、利用料を大きく下げることなくアピールしてみせた。これから本格化する春の学生加入シーズンに向けて、なかなか強力な武器を用意したと言えるだろう。

○株式公開との関係は?

今回の発表会が開催される直前、日経新聞が「ソフトバンクグループは今年中にも携帯会社であるソフトバンクの株式公開を計画している」と報道した。ソフトバンクグループからは「正式に進めることを決定した事実はない」というコメントが発表されており、今回の発表会では「ソフトバンクとしてのコメントは控える」としてこの件に関する言及はなかったが、もし実現すれば、株式公開後は独立した事業としての採算性を高めなければならず、そのためには長期間にわたって安定してユーザーを確保していくことが重要になる。

そうした事情も勘案してみると、他社と比べてかなりの大盤振る舞いに見える今回の学割強化は、学生のうちからユーザーを囲い込み、安定した経営基盤を確保する地盤強化のための施策と受け取ることもできる。また、教員を取り込む点については、ソフトバンクが強化している教育ICT向けの事業との連動においても、ソフトバンクユーザーを増えれば採用が有利になるという思惑があるのではないか、という推測もできる。

一方でMVNOなども一部で家族割など、MNOに対抗する施策を広げてきており、従来のように「家族で囲い込めば安泰」とはいえない状況も出てきている。今春の新生活シーズン商戦において、ソフトバンクの選択が市場にどう受け入れられるかが注目される。