ダニエル太郎、格上ベネトーに逆転を許しセットカウント1-2に[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の2日目、ダニエル太郎(日本/エイブル)とジュリアン・ベネトー(フランス)が対戦中。第3セットは4-6でベネトーが取り、セットカウントは1-2となった。

ここまではセットカウント1-1と、イーブンだった両者。勝利に王手をかける大事なセットはベネトーが取った。

ここにきてダニエルは少し調子にムラが見られ、やや精彩を欠く様子。第3ゲームをなんとかキープしたものの、第1ゲーム、第5ゲームをブレークされてしまう。

ダニエルはベネトーのリターンに追いつけず諦める場面も見られたが、追い詰められるとさらに火がつくのか、第8ゲームでブレークに成功する。しかし最後はベネトーに押し切られ、4-6で第3セットを奪われた。これで現在セットカウントはダニエルの1-2。

試合は3セット先取した方が勝利の5セットマッチ。現在4セット目に進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在試合中のダニエル太郎(昨年の「楽天ジャパンオープン」のときのもの)
(Photo by Matt Roberts/Getty Images)