<SMBCシンガポールオープン 事前情報◇14日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(7,398ヤード・パー71)>
宮里優作の逆転賞金王戴冠から約1か月。国内男子ツアーは早くも1月18日(木)よりアジアンツアーとの共同主管「SMBCシンガポールオープン」で新たなシーズンの幕を開ける。
【スイング連続写真】ガルシアにそっくり?“カナダの妖精”のダイナミックなスイング
一昨年は当時世界ランク1位のジョーダン・スピース(米国)、昨年はアダム・スコット(オーストラリア)といったビッグネームが毎年名を連ねる今大会。2018年もマスターズ覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)、2010年の「全英オープン」覇者ルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)のメジャー覇者2人が参戦。その他にもパット・ペレス(米国)ら米ツアーで活躍する選手が詰めかけた。
国内ツアーからは新選手会長の石川遼の他、昨年覇者のプラヤド・マークセン(タイ)、先週に行われた米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」に出場した小平智、片岡大育、宮里優作、今平周吾、小鯛竜也の5人が揃って出場。「第3回ユーラシアカップ」に出場した池田勇太も常夏の地でしのぎを削る。同じくユーラシアカップに出場した谷原秀人は欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」に出るため欠場する。
果たして、勝利を掴み取るのは世界の強豪たちか、日本ツアーの実力者か。若手、ベテランが入り乱れ、常夏の国で熱戦が繰り広げられようとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

日本復帰の石川遼、キャロウェイの新クラブで追い風なるか!?
石川遼が新選手会長に就任「日本ゴルフ界のために全力を尽くす」
石川、上田、深堀が驚愕…「EPICを、やさしさで超えろ 飛距離で超えろ」ROGUE シリーズ
DJの驚弾はコレのおかげ!?テーラー『M4』のキーテクはツイストフェース?
松山英樹、S・ガルシア、X・シャウフェレ、J・ダフナー。2018年の新用具契約は何にどう影響する?