羽生善治九段と、藤井聡太四段の共通点とは?(写真左:Natsuki Sakai/アフロ・写真右:日刊現代/アフロ)

社会現象となった藤井聡太四段

弱冠15歳、中学生のプロ棋士である藤井聡太四段が1月14日、「朝日杯将棋オープン戦」の本戦トーナメントで佐藤天彦名人(29歳)と初対局し、勝利を収めた。公式戦でタイトル保持者に初めて勝ち、2月には羽生善治二冠との対局を予定している。

デビュー戦から29連勝、30年ぶりの最多連勝記録更新という藤井四段の活躍は将棋界の枠を超えて全国的に注目され、テレビ・新聞・雑誌などのメディアは大きく報道してきた。

藤井の盤上盤外での言動や話題は、今や社会現象にもなっている。それを象徴するように、今年の正月の新聞には新春企画として、藤井が登場する対談記事がいくつも掲載された。

その相手は、「永世七冠」の偉業を達成した羽生竜王、長年にわたってテレビの人気番組で司会者を務めてきたタレントのタモリ、陸上男子100メートル走で9秒98の日本新記録を樹立した桐生祥秀、卓球の世界大会のシングルスで優勝した14歳の張本智和(いずれも敬称略)など。藤井はそうした年齢や分野が違う人たちと、自然体で話して対談を盛り上げた。

藤井四段はまさに「スーパー中学生」といえる存在になっている。しかし日常の素顔はいたって普通だという。両親も特別な教育は施さず、息子の成長を幼年時代からずっと見守ってきた。

現在は名古屋大学教育学部付属中学の3年生。将棋に専念するために高校に進学するかどうか迷った時期があったようだが、昨年10月に「全てのことをプラスにする気持ちでこれからも進んでいきたいです」とコメントし、同じ大学の付属高校に進学する意向を表明した。

藤井四段の計り知れない才能と強さについて、「将棋の神の子」「100年に1人の天才」などの表現で絶賛する声がある。ただ将棋の星の下に生まれて最初から強かったわけではない。何かの偶然によって、才能が芽吹いたといえる。

藤井は5歳のとき、祖母から将棋を習った。駒の動かし方しか知らない祖母と指してみると、すぐに勝てるようになった。祖母より少しは強い祖父にも勝った。何事も負けず嫌いだった藤井は、勝つことのうれしさで将棋にのめり込んでいった。

実は同じ頃、祖母から囲碁も習った。祖母と打ってみると、将棋と同じく初心者なのに勝てなかった。藤井が祖母との将棋で負けていたら、または祖母との囲碁で勝っていたら、藤井はどちらに興味を持っただろうか……。

将棋のよさを理解している母親がいる

人生では、ふとしたきっかけで方向性が定まることがある。藤井の場合、祖母と祖父に勝ち続けたことで将棋の世界に進んでいった。その後、藤井は棋士養成機関の「奨励会」に10歳で入会した。月2回の例会日には愛知県の自宅から大阪・福島の関西将棋会館まで、母親がいつも付き添った。そんな日々が小学校を卒業するまで続き、親子は勝負の明暗をともに分かち合った。

昨年6月に63年間に及んだ現役棋士生活を終えた加藤一二三・九段(78歳)は、1958年(昭和33年)に18歳でA級八段に昇進して「神武以来の天才」と呼ばれた。その加藤は5歳のとき、近所の子どもたちが将棋を指しているのを見て自然に覚えた。

次兄や子どもたちと指してみると、ほとんど負けなかった。やがて勝ってばかりで面白くなくなり、ほかに相手もいないので将棋をやめてしまった。それから数年後、加藤は新聞の将棋欄の記事をたまたま読んで将棋の面白さに引かれた。それを知った母親は、将棋愛好者が集まる近所の将棋クラブに「行ってみたら」と加藤に勧めた。結果的に母親のその一言がきっかけとなり、加藤は将棋への世界に進んでいった。

羽生竜王は6歳のとき、近所に住む小学校の同級生のTくんに将棋を習った。当初はなかなか勝てなかった。七夕の短冊には「Tくんに勝てるように……」と願い事を書いた。やがてTくんに勝てるようになったが、Tくんは父親の転勤によって転校した。将棋の相手を失った羽生は、仕方なく母親や妹と指したが、まったく勝負にならなかった。羽生は勝勢になると将棋盤を逆にして敗勢側に回ったが、それでも勝ってしまった。

ちなみに今年の正月にNHK・BSで放送された「一・二・三!羽生善治の大逆転将棋」という番組の中で、プロ公式戦の投了局面から羽生が敗者側を持ち、愛棋家著名人が勝者側を持って指すというコーナーがあったが、羽生の前述のエピソードを基にした企画だった。羽生は小学生の頃、週末に母親に連れられて地元の繁華街に出掛けたが、とても退屈な思いをした。そこで母親は買物をしている2時間ほど、託児所に預けたつもりで将棋クラブで指させることにした。そんな日々が続くうちに羽生は驚異的に強くなり、将棋の世界に進んでいった。

拙著『伝説の序章──天才棋士 藤井聡太』でも詳しく解説しているが、藤井四段、加藤九段、羽生竜王が将棋を始めたり、棋士を目指していたりする頃のエピソードに共通するのは、母親の考えや行動の後押しだ。

以前は、将棋好きの父親が子どもに教えるケースが多かった。現代では、将棋のよさを理解している母親が子どもに奨励することが多い。東京・千駄ヶ谷の将棋会館の道場では週末、多くの子どもたちが将棋を指しているが、付き添いの保護者は大半が母親である。子どもが将棋に興味を持ったり強くなったりするには、母親の存在がとても大きいといえる。

羽生竜王は昨年12月、竜王のタイトルを通算7期獲得して「永世竜王」の称号を取得した。すでに取得している名人・王将・王位・棋聖・棋王・王座の永世称号を合わせると、「永世七冠」という前人未到の偉業を達成したことになる。私はメディアの取材に答えて、プロ野球の打者が「三冠王」を7回獲得(最多の事例は3回)したことに相当すると表現したが、実際には一口ではとても言い表せない。

政府は1月5日、永世七冠を達成した羽生竜王に「国民栄誉賞」を授与すると正式に発表した。羽生は1989年(平成元年)に竜王のタイトルを獲得して以来、現在まで通算のタイトル獲得は最多記録の99期を数える。28年間にわたる長年の蓄積した実績が評価されたといえる。

羽生は1996年2月、すべてのタイトルを独占して「七冠制覇」を達成した。しかし5カ月後に棋聖のタイトルを失って一角が崩れた。その後、四冠と三冠の時期が長く続いた。羽生は七冠の可能性を問われたとき、「正当な競争原理が働けば難しいと思います」と率直に語ったものだ。勝負の厳しさについて、羽生本人が強く認識していた。

昨年の秋には、若手棋士に敗れて王位と王座のタイトルを失い、ついに一冠に後退した。羽生の不調説や限界説まで取りざたされた。しかし心機一転して巻き返し、竜王のタイトルを奪取したところに羽生の強さとすごさがある。

自分が知っているのはほんのひとかけら


羽生は昨年の「NHK紅白歌合戦」の番組の中でビデオ出演した。司会者を務めたタレントの二宮和也との短い会話の中で、羽生は「初心忘るべからず」という言葉を口にした。一般的には、物事に最初に取り組んだときのひたむきな気持ちを忘れてはならない、という意味である。棋士の場合、四段に昇段して晴れて棋士になったときかと思う。

しかし羽生の語り口からは、必ずしも昔のことに限らない、というように聞こえた。もしかしたら永世七冠を取得した現在が、新たな起点と考えているのだろうか……。

羽生は永世七冠の記者会見で「将棋は深くてまだわからないところがあり、自分が知っているのはほんのひとかけら」と語った。それは謙遜ではなく、さらに進化を目指していく探究者の決意かもしれない。当面の目標としては、100期目のタイトル獲得、大山康晴十五世名人が持っている歴代最多勝利(1433勝)の記録更新が現実味を帯びている。