ダニエル太郎、格上ベネトーから第1セットを先取[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の2日目、ダニエル太郎(日本/エイブル)とジュリアン・ベネトー(フランス)が対戦中。第1セットを7-6(6)でダニエル太郎が先取し、試合は現在第2セットが行われている。

両者は今回が初対決。世界ランクはダニエルが96位、ベネトーが59位と格上に挑戦する試合となった。

第1セット、ダニエルのサーブから試合開始。ダニエルはベネトーの甘いリターンに対して積極的に前に出てポイントを重ねていく。ダニエルは第2ゲームでデュースまで追い込むものの、ベネトーがエースを2連続で決めてブレークさせてくれない。
両者キープを続けていたが、先にブレークに成功したのはベネトー。第5ゲームで追い詰められたダニエルは焦りからかダブルフォルトをするなどミスが目立ち、デュースの末にブレークされてしまう。

その後は互いに譲らず、このまま第1セットが終わるかと思われたが、第10ゲームでダニエルがブレークバックに成功し、続く第11ゲームをキープする。

第1セットの決着はタイブレークまで持ち越された。一進一退の攻防が続くが、最後はベネトーのリターンがアウトとなり、7-6(6)で第1セットをダニエルが先取した。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在試合中のダニエル太郎(昨年の「全米オープン」のときのもの)
(Photo by Richard Heathcote/Getty Images)