仮想通貨取引規制の動きに強い反発が起きている(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国で過熱するビットコインなど仮想通貨取引への政府の規制に反対する国民の請願が20万人以上の賛同を集め、青瓦台(大統領府)側が正式に回答することになった。

 青瓦台ホームページの国民請願掲示板に先月28日に投稿された「仮想通貨規制反対 政府は国民に一度でも幸せな夢を見させてくれたことはありますか」と題した請願には、16日午前8時までに20万1000人余りが同意した。30日以内に20万人以上の同意があった案件については政府または青瓦台の高官が回答することになっている。

 請願者は「仮想通貨を違法使用する一部の人々、大金を投資して失った人々のせいで、一般の投資家まで違法な投機に加わったかのようにののしられた」と政府の規制の動きを批判。「先進国では仮想通貨への投資で一段と発展を遂げている。妥当でない規制により韓国の経済が衰退しないよう願っている」などと書き込んだ。

 この請願は青瓦台側が正式に回答する7件目の国民請願となる。青瓦台はこれまで、「青少年保護法廃止」「堕胎罪廃止」などを求める請願に回答した。