センター試験で不正行為 試験監督の摘発の裏側は

ざっくり言うと

  • 2018年のセンター試験では不正行為によって4人が無効となった
  • 大学准教授によると、不正行為を見つけた際は本人に紙を渡して指摘するそう
  • また、カンニングは複数人が確認して成り立つと、摘発の難しさを語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング