1月20日に発売されるアサヒカメラ2018年2月号で、「嫌われない『撮り鉄』になるために!」という啓発記事が掲載されることが判明し、一部で話題になっている。

 これは以前、写真の無断使用に対する損害賠償マニュアルを掲載するなどして話題となった同誌の連載記事「写真好きのための法律&マナー」の第10回として掲載されるもので、同号の特集である「鉄道と風景」と連動した企画。内容は、写真家&元鉄道員の証言、事件から学ぶ教訓と題し、過去に発生した撮り鉄による事件簿などがまとめられている。昨今、線路への立ち入りなどのトラブルがニュースとして報じられる機会は多いが、カメラ愛好家の側に立った視点での記事は少なく、そんな中で今回の記事はカメラ専門誌による啓発記事ということで注目を集めそうだ。ちなみに版元である朝日新聞出版のページには本稿執筆時点でまだ情報はないが、一部ネット書店が先行して掲載している目次などで、その詳細を確認できる。

アサヒカメラ(朝日新聞出版)
https://publications.asahi.com/ecs/20.shtml アサヒカメラ 2018年02月号(Amazon)
https://www.amazon.co.jp/dp/B077V5Q9LL