米マサチューセッツ州ボストンにあるホールフーズ・マーケットの店舗(2016年4月)。 Photo by , under CC BY 2.0.


 米アマゾン・ドットコムは昨年(2017年)、米国の高級スーパーマーケットチェーン「ホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)」を買収したが、米ウォールストリート・ジャーナルがこのほど伝えたところによると、その効果がアマゾンの業績に表れ始めたという。

(参考・関連記事)「アマゾン、大型買収から1カ月」

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

AmazonFreshの売上高が35%増

 アマゾンが、ホールフーズ・マーケットの買収手続きを完了したのは、昨年8月末。eコマースの販売分析を手がける米ワンクリックリテールのレポートによると、翌9月からの4カ月間における、生鮮食料品ネット販売事業「AmazonFresh」の米国売上高は、1億3500万ドルに達し、1年前の実績から35%増加した。

 買収後、アマゾンは「365 Everyday Value」というホールフーズの自然食品PBを、ネットで販売し始めた。こうした施策が、AmazonFreshの売上高を押し上げたものと考えられる。

まだ規模が小さい、食品ネット販売市場

 アマゾンは、2007年からAmazonFreshを展開している。しかし米投資会社のコーエン・アンド・カンパニーによると、アマゾンの米国における食料品の年間売上高は87億ドル程度で、8000億ドル規模と言われる米国食料品市場の約1%にとどまる。

 ただ、米国における食料品のネット販売額を見ても、同国食料品市場全体の4%にとどまる。食料品は、アマゾンに限らず、いまだネット販売が弱い分野だ(ドイツ・スタティスタのインフォグラフィックス)。

 その一方で、この比率は、今後5年で2桁台に拡大すると見るアナリストもいると、ウォールストリート・ジャーナルは伝えている。

ネットと実店舗の相乗効果を狙う

 ホールフーズ買収後の365 Everyday Valueの推計売上高は1100万ドル。これに対し、ライバルである米クローガーの、1年間の自然食品売上高は20億ドル。まだこの分野のアマゾンの売り上げ規模は非常に小さい。

 そうした中、同社は、ここ最近、食料品のネット販売に力を入れている。先ごろは、同社が、即時配達事業と実店舗事業を統合したと伝えられた。

 その具体的な施策については、今のところ明らかになっていない。しかし、報道によると、この事業の責任者には、長年、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の直属の部下として実績をあげてきた人物が起用された。

 これによりアマゾンは、AmazonFreshをはじめ、Prime会員向けの1時間以内配送「Prime Now」といった生鮮食料品などの即配事業と、ホールフーズ(スーパーマーケット)、「Amazon Books」(書店)、「Amazon Go」(コンビニエンスストア)などの実店舗事業との相乗効果を狙う。

(参考・関連記事)「アマゾン、狙いは実店舗と即配事業の相乗効果?」

筆者:小久保 重信