「もらってうれしいお礼メール」はどこが違うのか

写真拡大

文章は書き方一つで、その効果はまったく違ってきます。新著『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』を出版したコラムニストの尾藤克之氏が、同書の中から、早く書けて、確実に伝わる、プロの文章テクニックをお教えします。今回のテーマは、ビジネスメールの中でも特に相手への配慮が必要な「お礼メール」の上手な書き方。

ビジネスメールも
身だしなみが大事!

 今日の連絡手段は電話よりもメールが主流になりました。タイムラグがなくダイレクトに届き、相手の時間を奪わないものとして、メールは電話よりもビジネスに欠かせないツールになっています。

 しかしメールは便利である一方、相手がいつ読むのかわからず、電話に比べて微妙なニュアンスが伝わりにくいというデメリットもあります。

 また、昨今のビジネスメールを見ていると、わかりにくい文章、不快な文章も多々あります。

 知らずしらずのうちに伝わりにくいメールを送って、ビジネスチャンスを失っている恐れもあるということです。

 人は見た目で印象を決めてしまうもの。仕事の場で身だしなみを整えるのは社会人の常識です。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)