米Appleは、アメリカの祝日「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デー」に合わせて、公式Webサイトのトップページに、キング牧師の写真と言葉を掲載しています。ティム・クック最高経営責任者(CEO)も、Twitterでメッセージを発信しています。

「正しいことをするのに、時を選ぶ必要などない」

「I have a dream(私には夢がある)」の演説が有名なキング牧師は、黒人差別の撤廃に向けて公民権運動に取り組み、ノーベル平和賞も受賞した人物です。
 
Appleは例年、1月第3月曜日のマーティン・ルーサー・キング・ジュニア・デーに合わせて、トップページにキング牧師の写真と名言を掲載しています。
 
昨年は、アメリカ中心主義を掲げるトランプ大統領就任直後というタイミングもあって、トランプ大統領への反論ともとれるメッセージが注目を集めました。
 
今年は、演説するキング牧師と「The time is always right to do what is right.(正しいことをするのに、時を選ぶ必要などない)」という言葉が添えられています。

クックCEOは別な名言を引用し「光と愛を見つけよう」

ティム・クックCEOはTwitterで「闇は、闇で追い払うことはできない。光だけがそれを可能にする。憎しみは憎しみで追い払うことはできない。愛だけがそれを可能にする」というキング牧師の名言を引用した上で「光と愛を、一緒に見つけよう」と呼びかけています。
 

 
クックCEOは、2014年に「自分がゲイであることを公開することで、誰かを勇気付けてあげられるなら」と自身がゲイであることを公表した際にも、キング牧師の言葉を引用しています。

 
 
Source:Apple
(hato)