UQからもモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」が発表!

UQコミュニケーションズは15日、高速データ通信サービス「UQ WiMAX」向け下り最大708Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05(型番:HWD36)」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売日は2018年1月19日(金)で、UQショップや量販店などのUQ WiMAX取扱店および公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」、機種変更受付ページ、仮想移動体通信事業者(MVNO)各社にて順次販売開始するということです。

価格(税別)はUQ WiMAXオンラインショップでは料金プラン「UQ Flat ツープラス ギガ放題」や「UQ Flat ツープラス」において本体のみが2,800円、クレードルセットが5,200円、機種変更受付ページ販売分では利用期間が開始月〜12ヶ月で20,000円、13〜18ヶ月で12,000円、19〜21ヶ月で6,000円(3年契約の場合は0円)、22ヶ月〜で0円となっています。



Speed Wi-Fi NEXT W05はすでにauから発表され、同じ1月19日に発売されますが、au 4G LTEとWiMAX 2+に対応したモバイルWi-Fiルーターです。3波のキャリアアグリゲーション(3CA)や4x4 MIMO、256QAMによって下り最大708Mbps、2CAおよび64QAMによって上り最大75Mbpsで利用可能となっています。

なお、下り最大708Mbpsおよび上り最大75Mbpsはともにau 4G LTEでの利用時のため、ハイスピードプラスエリアモード時となっており、WiMAX 2+のみのハイスピードモードでは下り最大558Mbpsおよび上り最大30Mbpsとなります。



外観は極限まで削ぎ落した薄型なスポーティーフォルムで、スピード感に溢れたデザインを採用し、サイズは約130×55×12.6mm、質量は約131gに。本体カラーはブラック×ライムおよびホワイト×シルバーの2色展開。前面にはタッチ操作に対応した約2.4インチQVGA(320×240ドット)TFT液晶を搭載。


バッテリーは2750mAhで、連続通信時間は以下の通りで、連続待受時間(静止時)はデフォルト設定(休止状態)で約850時間、クイックアクセスモード設定時(ウエイティング)で38時間、充電時間はTypeC 共通AC アダプタ 01U利用時で約130分。充電およびEther over USB通信用端子はUSB Type-C(USB 3.0)を搭載。

 ハイパフォーマンスモードハイパフォーマンスモードバッテリーセーブモード
ハイスピードモード約390分約540分約630分
ハイスピードプラスエリアモード約260分約390分約550分


またこれまで利用していたモバイルWi-FiルーターのWi-Fi接続情報(SSID・暗号化モード・暗号化キー)をSpeed Wi-Fi NEXT W05へそのままコピーができる「Wi-Fi設定お引越し」機能を搭載し、モバイルWi-Fiルーターに接続していた機器側の設定変更が不要で非常に便利となっています。


無線LAN(Wi-Fi)はIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz対応)。テザリングは同時接続最大10台まで、Bluetoothテザリング(Version 4.1)は最大3台。SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズの「au Nano IC Card 04 LE U」。NFCも搭載しており、NFCやQRコード、WPSによる簡単接続も利用可能。

付属品はUSB2.0TypeC-A変換ケーブル(試供品)で、別売またはセット購入で有線LAN端子を搭載した専用クレードルが用意されています。対応OSはWindows 7/8.1/10およびMac OS X v10.6/v10.7/v10.8/v10.9/v10.10/v10.11/v10.12/v10.13。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Speed Wi-Fi NEXT W05 関連記事一覧 - S-MAX
・708Mbps対応モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」の発売 | 【公式】UQコミュニケーションズ