「気になる彼と、飲み会で距離を縮めたい……」

そのためにも、飲み会で使える効果的なボディタッチテクを知っておくといいでしょう。


出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、飲み会で使える“効果的なのに引かれないボディタッチテク”を、男性ライターの筆者がご紹介します。

 

■素直が一番?ストレートに触る

「私、筋肉フェチなんだ」と言って腕や胸などを触ると、それだけでドキッとしてしまう男性もいるようです。

一見大胆な行動のように見えるため、「そんなことをしたら引かれてしまうのでは?」と考える人もいるかもしれません。

意外に思うかもしれませんが、ストレートに触るのは、それほど悪い印象にはならないよう。

一番避けたいのが、恥ずかしさや嫌われたくない気持ちから、中途半端なボディタッチになってしまうこと。

中途半端に触られると、男性を戸惑わせてしまう可能性があります。

触れるときは、思いきってしっかり触れるよう意識してみましょう。

 

■指に触れる

指にちょんと触れるくらいのボディタッチも効果的でしょう。

やり方としては、自分の小指を、男性の小指と触れるか触れないかくらいのポジションに置くだけ。

これは、気になる男性が隣に座っていて、男性の手がテーブルの上にある場合に使えるボディタッチテクです。

小指が触れ合うくらいだと、周囲から変な視線を浴びる心配もなく、「これってボディタッチ?」と男性をドキドキさせることもできるはず。

さりげなく触れることができるので、シャイな女性にもおすすめですよ。

 

■頬に触れる

飲み会が始まって時間が経ってくると、多少露骨なボディタッチも許されるような雰囲気になってきます。

いい頃合いだと思ったら、お酒を飲んで顔が赤くなっている男性に「顔すごく赤くなってるよ」「頬が熱いね」などと言いながら、頬に触れてみましょう。

ちょっと勇気がいるかもしれませんが、明るくにぎやかな飲み会の雰囲気が、あなたの勇気を後押ししてくれるはず。

頬を触られると男性の中に眠る“M心”がくすぐられるため、あなたのことを“女性”として強く意識させることが可能です。

 

■机の下で男性の足をなぞる

飲み会で、気になる男性とある程度仲良くなった時に使いたいボディタッチテクが“足をなぞる”です。

女性の足に自分の足をなぞられることで、ドキドキしてしまう男性は多いはず。

男性を“その気”にさせる、かなり効果的なボディタッチテクと言えます。

とはいえ、会っていきなりやそれほど仲良くなっていない段階だと、引かれてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

飲み会の序盤は“ストレートに触る”、“指に触れる”で男性をドキドキさせ、飲み会の場が温まってきたら“頬に触れる”、“机の下で足に触れる”を使えば、かなり効果的と言えるでしょう。

【画像】

※ Nejron Photo/shutterstock

【関連記事】

※ 男が「遊びの女からのLINE」でついやっちゃうサイテー行為

※ 【男の本音】「こいつ、ヤレる」と思う瞬間は?

※ 【男の本音】“ヤリたい女”と“付き合いたい女”の違い