久々に築地市場を覆面調査!移転問題に揺れる築地市場。すぐに移転しなさそうな今のうちに場外の名店に行っておくべし。そこで、久々に築地市場へ覆面調査を決行。観光客が増えた今でもブレずに旨い寿司を提供する店はココだ!

外国人観光客であふれていても美味かつお得な店

今、何かと注目を集める築地。場内の様子は「築地場内編」で後述するとして、場外も特に昼間は外国人観光客であふれかえっている。
一番混み合う通りなど、たった数十メートル進むのに10分かかったこともあるんだから!

通りに立ち並ぶ店のおばちゃんたちも流暢な外国語で呼び込みし、インバウンド狙いに余念がない。
場外も変わったねえ。
そこで、本誌が以前、高評価した店を、ライター:菜々山と編集:戎で覆面調査!

変わらぬクオリティで、キチンと味を守っている店をご紹介。

まずは『すし大本館』。カウンターに座りお決まりの握りを注文すると、職人さんが1貫ずつ丁寧に握って、つけ台に置いてくれる。

写真:店長おまかせ 3780円

この日は、真鯛、カツオ、寒ブリ、赤貝、金目鯛の昆布締め、アジ、イクラ、ボタンエビなど。炙りトロは大根おろしをあしらうことで、さっぱりと。穴子は握る直前に煮汁で温め、ふっくらとした食感だ。巻物はネギトロとヒモキュウを半巻ずつ。サービスの1貫は赤バフンウニをチョイス

出典: matomeshi.jp

戎「あ〜人肌のシャリが口の中でほどけるぅ」


菜「ネタとの一体感、そしてシャリとのバランスも絶妙だわ」

職人さんのレベルが高い!
本誌ではずっと前から注目している店だが、今も場外指折りの名店であることに変わりなし。



近年、場外で店舗数を着々と増やしているのが『虎杖』だ。

海鮮丼の店が中心だが、ここ「別館」は江戸前寿司をメインにしている。こちらはネタがとにかくいい。

出典: https://matomeshi.jp/articles/2163

写真:漣 4622円

写真のセットでは細やかにサシの入った大トロがとにかく絶品。他に旬の白身魚やウニ、イクラを盛り込んでいる。

出典: matomeshi.jp

戎「この大トロ、ヤバいっすね」


脂のり過ぎでしょ!
しかもスジ張ったところが一切なく舌触りが超なめらか。

菜「高級店だったらコレ1貫で2000円はくだらないよね」


磯の風味たっぷりのウニをはじめ、どのネタも大満足。



『すし富』はマグロ専門の仲卸直営。
マグロの質の高さはさすが。

出典: https://matomeshi.jp/articles/2164

写真:今月のおすすめ握り 3024円の一部

目を見張るのがコストパフォーマンスの高さ。ランチでは1000円以下の丼やセットメニューを揃え、連日行列ができる人気ぶり。夜は大トロと中トロが入る「今月のおすすめ握り」がおすすめだ。

出典: matomeshi.jp

菜「こんなに濃厚なコクの赤身、そうそう食べられないかも」


皮が薄くトロリとしたイクラ、肉厚な赤貝などマグロ以外もいいものを使っている。

戎「握りのセットが3024円か。高級ネタが盛りだくさんでコスパ高いっすね」



お好みでも良心価格で十分に楽しめる。

場外で寿司なら、この3軒が間違いなし!昼時は多少行列するけど、待つ価値アリです。