【うどんライフを格上げ!?】チルド麺&乾麺の食感UP術から、話題の「年明けうどん」まで紹介♪

写真拡大 (全4枚)

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

つるつる食べられる「うどん」。クリスマスにお正月と、ごちそう三昧だった胃には、消化のいいうどんが優しく感じますね。今回は、そんなおなじみの「うどん」にフィーチャーしました。

年末年始で疲れた胃に「うどん」♪


1月15日放映の「あさイチ」(NHK)をご覧になりましたか?今回のテーマは、「うどん」。サッと作れるので、忙しいとき、ご飯を炊いていないときに重宝しますよね。

今回は、家庭で食べることが多い「チルド麺」と「乾麺」に一手間加えて美味しさUPさせるテクニックと、話題の「年明けうどん」をお届けします。

「チルド麺」のコシをUPするテクとは?


工学院大学の山田昌治教授がまず教えてくれたのは、いつもの「チルド麺」の歯応え・弾力・コシをUPさせるテク

食感をUPさせるには、麺を茹でる前に耐熱容器に入れてラップをかけ、500Wの電子レンジで2分加熱すること!

それを今度は沸騰したお湯で1分間茹でます。これでOK!

必ず守って欲しいのは、2分という時間設定。これより長いと固くなってしまうし、短いとコシが出ないので注意してくださいね。

「乾麺」をモチモチにするテクとは?


次に山田教授が教えてくれたのは、「乾麺」をモチモチに仕上げるテクです。

ポイントは、通常茹でるときより、水の量を少なくすること。今回は、500mlの水を大きめのフライパンに入れます。

水が沸騰したら100gの乾麺を半分に折って入れ、すぐにフタをします。ここでの注意ポイントは、フタを開けずに、沸騰状態を保ったまま蒸し煮にすること。蒸す時間は、袋に書いてある茹で時間と同じ。

火を止めたら、フライパンに麺が張り付かないよう、すぐに皿に移します。これでモチモチ食感のうどんに!

巷で話題の「年明けうどん」とは?


番組では、ここ最近ブームになているという「年明けうどん」についても紹介していましたよ。

「年明けうどん」とは、「年明けうどん普及委員会」が提唱する、白いうどんの上に赤色の具材をのせた、元旦から1月15日までに食べるうどんだそう。つまり、今日15日ならまだ年明けうどんに間に合いますね♪

ということで、クックパッドにも「年明けうどん」のレシピがないか?探してみましたよ。

梅干しでサッパリ☆


新年の喜びを!年明けうどん

by ななはんのおだいどこ

うどんのように太く長く長寿を願って人々の幸せを祈る習慣を知り、作りました!うどんの白と梅干しの赤でおめでたさを!

桜エビの赤で運気UP!


桜えびと卵のあんかけ年明けうどん

by ありんこ主婦

桜えびを使って縁起がいい年明けうどん。あんかけで温まります。

油揚げや舞茸で旨味もUP


太く、長く!幸せ祈る年明けうどん

by モカchama

年明けうどんにも、普段のうどんにも!
あっさりとしたうどんです。

いかがですか?いつも食べているチルド麺や乾麺のうどんが、ちょっとしたテクで美味しくなるなんて嬉しいですよね!「年明けうどん」もシンプルで美味しそうです。さっそく今晩の夕食にいかがですか?(TEXT:森智子)