ケガから復帰の西岡良仁「戻って来れたこと嬉しい」、シード選手をナイスゲームで撃破し初戦突破[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の1日目、西岡良仁(日本/ミキハウス)は第27シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦。西岡が6-3、2-6、6-0、1-6、6-2と、久しぶりのグランドスラム復帰戦を見事勝利で飾った。

両者の対戦は今回が初。

22歳の西岡は、2017年3月に左膝の前十字靭帯を損傷し、その後ツアーを長期離脱していた。今年1月にツアーの下部大会で約9ヵ月ぶりに公式戦復帰したものの、残念ながら初戦敗退していた。

久々にグランドスラムの舞台に帰ってきた西岡は、今大会「プロテクトランキング」という、ケガから復帰する選手が早期復帰しやすくするための救済措置を使っての出場。西岡は1月15日現在は世界ランキング168位、昨年ケガで離脱する前の2017年3月20日時点ランキングでは、自己最高位の58位まで上昇していた。

試合前のインタビューで西岡は「本当にコートに立てること、グランドスラムに戻って来れたことが嬉しい」「ストローク戦になると思うので、どうするかしっかり考えたい」と語っていた。

◇   ◇   ◇

試合は、西岡の素晴らしいゲーム展開。ケガを乗り越えて、また一段強くなって帰ってきたという印象だった。

第1セットはいきなりのロングラリーでスタート。西岡は1ゲーム目からサービスブレークをし、幸先のよい滑り出しを見せた。復帰までのトレーニングでより身体が強くなったという西岡は、その後も鋭いショットで試合をリード。第9ゲームにはもつれた末バックハンドのビッグショットが飛び出し、再びサービスブレーク。西岡は理想的な展開で、最初のセットを奪った。

続く第2セットは、ゲームカウントが西岡の2-3から少し集中力が下がったのかミスが早くなり、コールシュライバーにセットカウントをイーブンに戻されるも、直後の第3セットに西岡はしっかりと気持ちを切り替えられた様子。第3セットの1ゲーム目をすんなりキープ、直後にサービスブレークと息を吹き返した。少し相手に流れがいきかけた第3ゲームを凌ぎ切ると、流れは一気に西岡ペース。対するコールシュライバーはフラストレーションが溜まっていくのがハッキリと分かる様子で、西岡はその間に6ゲームを一気に奪取した。

このまま勝ち切りたい第4セットだったが、西岡は第4ゲームで先にサービスブレークを許す。そのあと試合時間2時間を迎えたあたり、西岡は久しぶりの5セットマッチで疲れが徐々に出てきているのか、ショットのミスが目立ち始めた。対する試合巧者のコールシュライバーは、このタイミングを見逃さずに直前第3セットとは逆の展開で、西岡は一気にゲームを連取された。

勝負の最終セットは早々に、大事なポイントが西岡にやってきた。第1ゲームをサービスブレークすると、第4セットがウソだったかのようにギアを上げる西岡。そこからはコールシュライバーも流石の粘りを見せ、暑さのなか両者は我慢比べに。そのプレッシャーの中でも西岡はナイスショットを連発し、コールシュライバーを突き放していた。

大きなガッツポーズで終始自分を鼓舞し続けた西岡。約9ヵ月ぶりの公式戦勝利の瞬間、感慨深げに頭を抱え、その後涙をこらえたかのようにも見える仕草をしていた。応援してくれていた客席への感謝も忘れなかった。

西岡は試合後のインタビューで「風も強かったのでタイミングを取りづらかったが、しっかり押さえるところは押さえられた」「9ヵ月はホントに長くて辛かった。勝てて嬉しい」と語っていた。さらに、お互い勝ち上がれば3回戦で対戦の可能性がある杉田祐一(日本/三菱電機)についても触れ、「杉田さんと当たって、日本人対決したい」と意気込みを語っていた。

勝った西岡は二回戦で、アンドレアス・セッピ(イタリア)との対戦が決まっている。ケガのブランクを感じさせない素晴らしい試合を見せた西岡、ぜひ勝ち上がって杉田との日本人対決を期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」一回戦に勝利した西岡良仁
(Photo by XIN LI/Getty Images)