画像提供:マイナビニュース

写真拡大

「Web給金帳Cloud」公式サイト

インターコムは、市販の給与計算ソフトと連携し、明細や源泉徴収票などを電子化、配信することで毎月発生する煩雑な業務をクラウドで完結できるサービス「Web給金帳Cloud」を22日より開始する。

「Web給金帳Cloud」は、同社の「Web給金帳V3」をクラウド化し、月額/年額で提供するサービス。使い安いユーザーインタフェースと実績を持つ市販の給与計算ソフトと連携することで給与明細の電子化を支えてきた同ソフトは約2,000社への導入実績がある。

新たにクラウドで提供される「Web給金帳Cloud」ではサーバー構築が不要で初期導入費がかからない。明細データを一括変換し、クラウドへアップロードするだけという操作で給与明細の電子化・配信を実現。明細の印刷、封入/封かん、部門地域仕分け、配送、社員に手渡し、といったフローが大きく縮められ、毎月発生する担当部署の煩雑な業務が大きく軽減する。

大規模なシステム化ではIT専門知識を要する場合もあり、なかなか電子化に踏み切れないケースもあるが、ソフト自社開発実績も豊富な同社では導入負担を軽減し、簡単に運用できる「Web給金帳Cloud」を提供することで総務人事部門の働き方改革を支援していく構えだ。