経営共創基盤・冨山社長インタビュー「飲み込まれるのが嫌なら、自分が変われ」

写真拡大

 IoT(モノのインターネット)、人工知能(AI)など先端技術が産業を大きく変えようとしている。国もこうした変革に向き合うべく、新戦略「コネクテッドインダストリーズ」を策定した。ただ、日本にとっては課題も少なくない。かつて産業再生機構の創設に携わり企業支援の第一人者として知られる冨山和彦経営共創基盤社長に、国の向かうべき方向性を聞いた。

 ーIoTなどで産業が激変し第4次産業革命とも称される中、経済産業省がコネクテッドインダストリーズという新たなスローガンを掲げました。どんな印象を持っていますか。
 「まず、何に革命的なインパクトがあるのかを考えると、製造業の生産性向上や全体最適化などはごく一部でしかない。ドイツのインダストリー4・0(I4・0)などは製造業に焦点を当てているが、I4・0で目指していることの多くは日本は既に実現できている。自動化や『かんばん方式』がその代表例だ」

 「今起きようとしていることは、それよりもスケールが大きい。例えば、製造業とサービス業の融合。第1次産業、2次産業、3次産業という切り分けは、もはや意味を成さなくなる。コネクテッドインダストリーズは、旧来の産業の枠を越えて最適化しようという概念。比較的、起きようとしていることの方向性を正しく捉えていると思う」

全ての産業に果実
 ーコネクテッドインダストリーズは、あらゆる要素を“つなげる”ことで新たな価値が生みだす構想です。どんな価値の創出に期待しますか。
 「AIは自動化革命を引き起こすだろう。これまで人間が携わってきたさまざまな仕事が自動化される中、ネットワークでつながっていれば、最適な形で自動化できるはずだ。また、ロボットは稼働しないと生産性が下がってしまうが、つながることで稼働が最適化され、そうしたリスクの低減が可能になる」

 「医療分野における期待値も大きい。著名な先生はいつも忙しいものだが、それに準ずる診断能力をAIが持つことができれば、多くの命が救われるはずだ。生産性が上がり人への負荷が軽減されれば、病院側にとってもメリットになる。ほぼ全ての産業が、果実を得られるのではないだろうか」

デジタル革命はバーチャルからリアルに
 ー日本はどう強みを打ち出せば良いでしょうか。
 「デジタル革命は今まで主にバーチャル(仮想)の世界で起きていたが、それがどんどんリアル(現実)の方向に向かっている。一例が自動車分野だ。ソフトウエアとハードウエアの融合により、自動走行という革命的な技術が生まれている。シリコンバレー的なソフトの領域だけでは、世の中は変わらない。日本が得意とするハードの領域が、これからもっと重要になっていく」

 「リアルの世界はバーチャルより厳しい。スマートフォンの不具合が世の中に深刻な影響を及ぼすことは少ないが、自動車ではそうはいかない。日本の“真面目さ”が生きるのではないだろうか。医療や農業といった分野でも、同じことが言える」

 「また、AIなどによる自動化革命は、省人化につながるので短期的には軋轢を生みやすい。だが日本の出生率を考えると、当分は人が余る状態にはならないだろう。つまり、他の先進国と比べ自動化への抵抗感が少ない。これは非常に有利な点だ」

イノベーションは非連続性から
 ー逆に弱みはどこにありますか。
 「真に革命的なイノベーション(技術革新)は、飛び地的に一気に飛躍する“非連続性”、そして多様性から生まれる。だが、大企業を中心に日本の産業は連続的な営みを基に発展してきた。新卒者の一括採用などにより、人材も同じタイプに育っていきやすい。イノベーションに必要な非連続性、多様性とは、総じて相性が悪いのが実情だ」