DF原輝綺(新潟=右)のチェックをかわそうとするFW旗手怜央(順天堂大)

写真拡大

 U-21日本代表は15日、翌16日に行われるAFC U-23選手権グループリーグ第3戦北朝鮮戦に向けて、江陰市内でトレーニングを行った。この日はDF板倉滉(仙台)がコンディション調整のため、練習場には姿を現さずにホテルで別メニュー調整となっている。

 ランニングやパス交換で体を温めると、11人対11人のミニゲームに移行。翌日の先発出場が予想されるビブス組には、第2戦タイ戦からメンバー全員が入れ替わり、MF長沼洋一(岐阜)、MF伊藤洋輝(磐田U-18)、DF柳貴博(FC東京)、DF古賀太陽(柏)、GK波多野豪(FC東京)と大会初出場となる5選手らが入ってトレーニングを続けた。

【ビブスあり】

3-4-2-1

    小松

  旗手  三好

浦田      長沼

  伊藤  森島

 古賀 庄司 柳

    波多野

【ビブスなし】

4-4-2

     岩崎 田川

遠藤         高木

     神谷 井上

スタッフ 立田 原  藤谷

    小島(阿部)

 チームを率いる森保一監督は、「勝ち点4でも(メンバー変更を)やっていたかもしれない」と答えつつ、2連勝で勝ち点6を獲得したことで「チャレンジできることが増えたし、そこ(メンバー変更)のトライははっきりできるようになったことは言える」と続けた。しかし、「自分たちでつかみ取って出ることを忘れず、ご褒美で試合に出場させるということはない」と強調する。

「明日の試合、勝つために戦える選手、勝てると思って選手を選んで試合に臨む。そこは一人ひとり肝に銘じてやってほしいと話した」

 北朝鮮戦では引き分け以上で首位通過が確定。「これまで出場機会がなかった選手、初スタメンの選手もいるが、自分たちが持っているものを思い切ってプレーして見せてほしい」とチーム力を示して3連勝での首位通過を狙う。

(取材・文 折戸岳彦)
●AFC U-23選手権2018特集ページ