アジア王者・浦和で「槙野塾」開校!? “爆笑の体幹トレ”動画公開に反響「入塾したい」

写真拡大

沖縄第1次合宿の居残りトレーニングの模様をインスタグラムで紹介

 J1浦和レッズの日本代表DF槙野智章が15日に自身の公式インスタグラムを更新し、沖縄県での第1次キャンプの模様を公開。

 チームメイトとともに「槙野塾」なる居残りトレーニングを実施していることを明かし、新シーズンに向けて着々と身体作りを進めている。

 13日にさいたま市浦和区で必勝祈願を行った浦和は、14日から沖縄県で第1次キャンプをスタート。28日まで調整を行う。また、第2次キャンプも同様に沖縄県で組まれており、1月31日から2月11日までとなっている。

 昨季AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制した浦和が、国内タイトル奪還に向けて動き出したなか、槙野はインスタグラムを更新。全体練習後のある光景を公開した。

 映像はステップ台からジャンプし、体の軸がブレないように着地する体幹トレーニングで、後方の選手が着地で踏ん張った際の臀部の筋肉を押してチェックするというもの。槙野は「練習後にやっている居残りトレーニング。その名も『槙野塾』!! 腹筋やら腕立てを鍛えるのは、もちろん体幹をまずはしっかり」と紹介し、FW興梠慎三、MF阿部勇樹、槙野、GK西川周作、FW李忠成、FW武藤雄樹が順番にメニューをこなしていく。

和やかなムードにファン共感「楽しそう」

 そして、最後に登場したのがムードメーカーDF森脇良太だ。他の選手と同様、ジャンプしてピタリと着地するも、誰も森脇のサポートをしないという“オチ”で爆笑と拍手が起こり、「押してくれって!」とツッコミを入れるなど、和やかなムードがうかがえる。ファンからは「入塾したい」「楽しそう」といった声が上がった。

 今オフはMF山田直輝(湘南ベルマーレ)、MF武富孝介(柏レイソル)、DF岩波拓也など実力者を次々と補強。2年目を迎える堀孝史監督の下、タイトル獲得を虎視眈々と狙う。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】槙野智章が公式インスタグラムで公開、「槙野塾」の体幹トレーニング

https://www.instagram.com/p/Bd9MR8tB_5M/?taken-by=makino.5_official

槙野智章が公式インスタグラムで公開、「槙野塾」の体幹トレーニング