BoA(右)とサイーダ・ギャレット(SMエンタテインメント提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の歌手BoAと米国のシンガー・ソングライター、サイーダ・ギャレットが故マイケル・ジャクソンの人気曲「マン・イン・ザ・ミラー」発売30周年を記念し、2人がデュエットする同曲のリメーク曲を16日に発表する。BoAの所属事務所のSMエンタテインメントが15日伝えた。

 サイーダ・ギャレットは「マン・イン・ザ・ミラー」の作詞を手掛けたほか、共同で作曲も担当。マイケルと「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」をデュエットするなど、故人と深い関わりがある。

 リメーク曲はSMエンタテインメントの音楽公開チャンネル「ステーション シーズン2」を通じて発表され、15日午後6時(日本時間)には動画投稿サイト「ユーチューブ」などでミュージックビデオの一部が公開される。