握手を交わす韓国首席代表の李宇盛氏(右)と北朝鮮代表の権ヒョク奉氏(統一部提供)=15日、板門店(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮は15日午前、南北軍事境界線がある板門店の北朝鮮施設「統一閣」で来月9日に開幕する平昌冬季五輪への北朝鮮の芸術団派遣を巡る実務接触を行い、芸術団の公演日程や場所などについて議論した。

 南北は午後も協議を続ける。

 韓国側は李宇盛(イ・ウソン)文化体育観光部文化芸術政策室長が首席代表を務め、コリアン・シンフォニー・オーケストラ代表理事のイ・ウォンチョル氏ら4人が出席。北朝鮮からは首席代表の権ヒョク奉(クォン・ヒョクボン)文化省芸術公演運営局長や人気女性グループ・モランボン(牡丹峰)楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長ら4人が出席した。