復帰の西岡良仁、初戦2-1と試合をリード[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の1日目、西岡良仁(日本/ミキハウス)と第27シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)が対戦中。第3セットは西岡が6-0で取り、試合をリードした。

第2セットを奪われた西岡は、第3セットしっかりと気持ちを切り替えられた様子。1ゲーム目をすんなりキープ、直後にサービスブレークと息を吹き返した。少し相手に流れがいきかけた第3ゲームを凌ぎ切ると、流れは一気に西岡ペース。対するコールシュライバーはフラストレーションが溜まっていくのがハッキリと分かる様子で、西岡はその間に6ゲームを一気に奪取した。

試合は3セット先取した方が勝利の5セットマッチ。現在4セット目に進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2017年「BNPパリバ・オープン」のときの西岡良仁
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)