死闘を制したP・キジーア 今季2つ目のトロフィーを掲げた(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 最終日◇14日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>
米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」の最終ラウンドが終了。この日「62」と大爆発したジェームス・ハーンとパットン・キジーア(ともに米国)がトータル17アンダーで首位に並び、決着はプレーオフへ。今季最長となる6ホールにまで及んだ熾烈な戦いは、ボギーとしたハーンに対し、パーで上がったキジーアに軍配が上がった。
【スイング連続写真】FWキープ率上位の片岡大育は再現性の高い“小回り型”
キジーアは昨年11月の「OHLクラシック at マヤコバ」となる今季2勝目。ハーンは2年ぶりのツアー3勝目を狙ったが、あと一歩届かなかった。
「プレーオフはマラソンのような戦い。どうにか食らいついて、最後は勝てて良かった。(初勝利を挙げた)マヤコバでの戦いはリッキー(・ファウラー)との戦いだった。1打差で勝ったけれど、あのときの経験は大きかった。リッキーに勝ったのだから、僕は勝てる、と思えたんだ」と笑顔を見せた。
1打差3位にトム・ホージ(米国)、2打差4位タイにブライアン・ハーマン、ウェブ・シンプソン、ブライアン・スチュアード(いずれも米国)が入った。また、昨年覇者のジャスティン・トーマス(米国)はトータル12アンダー14位タイ。世界ランク2位のジョーダン・スピース(米国)はトータル11アンダー18位タイだった。
片岡大育はスコアを3つ伸ばし、トータル11アンダー18位タイでフィニッシュ。今平周吾は4ストローク伸ばし、トータル6アンダー54位タイで大会を終えた。
【最終結果】
優勝:パットン・キジーア(-17)※プレーオフ
2位:ジェームス・ハーン(-17)
3位:トム・ホージ(-16)
4位T:ブライアン・ハーマン(-15)
4位T:ウェブ・シンプソン(-15)
4位T:ブライアン・スチュアード(-15)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ミサイル警報に海軍も動いた!?  J・スピースは「車があれば逃げたかも」
R・ファウラーとの「スペシャルバトル」を勝ち抜いた「新スター」【舩越園子コラム】
前日まで100%… 片岡大育はバンカーミスで痛恨トリに「悔しい」
松山英樹が結婚の発表を伏せていた理由とは?素顔を見せない松山の“哲学”【Pick Up 米国男子ツアー十大ニュース】
女子プロも門をたたくジャンボ尾崎の魅力とは