(撮影:尾形文繁)

高齢化する日本の課題とは何か。英国の知性2人が語り合った。1人は『ライフ・シフト』(東洋経済新報社)で人生100年時代の戦略を描き、日本政府にも助言するリンダ・グラットン英ロンドン・ビジネススクール教授。もう1人は、『「西洋」の終わり』(日本経済新聞出版社)で自由主義社会の危機に警鐘を鳴らす、英『エコノミスト』の元編集長、ビル・エモット氏だ。

――「高齢化」がお2人の著作に共通するテーマです。お2人の発言や著作からは、高齢化について、エモットさんは悲観的、グラットンさんは前向きにとらえているような印象を受けました。

グラットン:性格の違いかしら(笑)。

エモット:私は悲観的ではないと思いますよ(笑)。私が悲観的に見ているのは、われわれの社会が変化に対応していく能力についてだ。高齢化に関しては、もっと楽観的で前向きになるべきだ。高齢化は財政やおカネの問題だけではない。人生が長くなることで、これまでなかったようなチャンスが出てくる。日本は65歳以上の労働参加率が世界で最も高く、これはポジティブにとらえていい。

「3ステージの人生」から「マルチステージの人生」へ

グラットン:100年時代の人生に人々が悲観的になるのは、60歳までは健康でいられたとしても、その先の40年は病気を抱えて生きる、といったイメージを持つから。でも、それは現実とは違う。長寿化した人生で、もっと多くのことをする機会が与えられている。これが、人生100年時代におけるライフシフトのポイントだ。

これまでは、フルタイムで教育を受け、フルタイムで働き、そして退職しフルタイムの年金生活者になるという、3ステージの人生で問題はなかった。でも、それではもう、うまくいかない。特に日本のように高齢化が進んだ国では今後、3ステージの人生が急速に崩れていくのを目の当たりにすることになるだろう。

現時点では、企業も政府も人生100年時代がどういったインパクトを持ってくるのか、本当には理解できていない。今は会社をいったん辞めると、再就職は難しい。でも、古い3つのステージではなく、生涯でより多くのステージを経験することになるマルチステージの人生では、人々は会社をもっと自由に辞めたり、再就職したりすることを望むようになる。企業はもっと柔軟にならなければならない。

しかし、必ずしもすべてを変える必要はない。他国では(短期契約やフリーランスで単発の仕事を請け負う)ギグエコノミーが広がっており、これを称賛する声もあるが、間違っている。「終身雇用を捨てるべきか」との質問を日本の方々からよく受けるが、終身雇用は大きな財産だ。すべてを捨てる必要はない。


Lynda Gratton/人材論、組織論の世界的権威。ロンドン・ビジネススクール経済学教授アンドリュー・スコット氏との共著『ライフ・シフト』がベストセラーに。(撮影:尾形文繁)

ーー日本は高齢化だけでなく、少子化の問題も抱えています。

グラットン:日本がほかと違うのは、移民を積極的に受け入れていないこと。他国のように海外から人を取り込んでいないことも、人口が減る一因になっている。

しかし、高齢化と少子化は、日本特有の問題ではない。日本が特別なのではなく、日本が最初にそれを経験しているということだ。だからこそ、私たちは日本に注目している。日本を見ることで、今後、ほかの国で起きることが理解しやすくなるからだ。さらに途上国では、こうした変化は先進国以上に急速に起きることになる。

婚姻率低下・少子化の原因は?

エモット:そのとおり。中国の平均年齢は、2030年代に米国を抜くと予想されている。こうした変化は急速に起きる。

ただ、高齢化と少子化の問題を一緒にする必要はない。韓国もそうだが、日本の出生率は極めて低い。英国、フランス、スウェーデンなどと比べると、かなり低い数字だ。一方、(同じ欧州でも)イタリアの出生率は低い。これは、政策的なインセンティブが大きく関係していることを示唆している。

日本ではこれに加えて、企業の人事政策が、結婚し、子どもを産むのを難しくしている。各種調査結果などによれば、男女を問わず、日本人の多くが結婚し子どもを持つことを望んでいる。にもかかわらず、なぜ少子化が進み、婚姻率が下がっているのか。企業の人事政策に問題があるのだ。

企業の人事政策の何が問題なのか? 2人の対談の続きは、こちら(週刊東洋経済プラス)でお読み下さい。