▽V・ファーレン長崎は15日、FC琉球に所属するMF名倉巧(19)の完全移籍加入を発表した。

▽東京都出身の名倉は、2017年3月より琉球でプロキャリアをスタート。初年度の昨シーズンは明治安田生命J3リーグ22試合4ゴールを記録した。

▽新シーズンから長崎でプレーすることになった名倉は、両クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

◆V・ファーレン長崎

「初めまして。今シーズンよりV・ファーレン長崎に加入が決まった、名倉巧です。これまでたくさんの指導者の方や友人、そして家族に支えられて今の僕があると思います。本当にたくさんの方に感謝をしています」

「V・ファーレン長崎という素晴らしいクラブでプレーできることに感謝をし、結果で恩返しできるように精一杯頑張っていきたいと思います。また、J1という舞台でたくさんの経験をし、クラブとともに個人としても成長していけることを大変幸せに感じます」

「自分らしくサッカーを楽しみ、満足することなく、毎日を大切に過ごして、V・ファーレン長崎の勝利に貢献できるよう全力で頑張りたいと思います。よろしくお願いします!」

◆FC琉球

「今回、FC琉球を退団することになりました。恩のあるチームをこんなに簡単に去っていいのか、本当に悩みました。僕を拾い、チームの一員として受け入れてくれたFC琉球には感謝してもしきれません。FC琉球でプロサッカー選手としてのキャリアをスタートできたこと、本当に誇りに思います」

「僕がこれからのサッカー人生で結果を残し、活躍していくことが、今できる恩返しだと思っています。FC琉球で学んだことをこれからのサッカー人生の糧として頑張っていきたいと思います。ファン、サポーター、そして選手、スタッフの方々、1年間本当にありがとうございました」