Image: Apple

他社製器の対応とか、どうなるんだろう…。

「iPhone X」や「iPhone 8/8 Plus」から導入された、Qi(チー)準拠のワイヤレス充電機能。置くだけで充電ができるのは便利の一言ですが、その仕様の詳細がMacお宝鑑定団Blog[羅針盤]に掲載されています。

まずWireless Power Consortium(WPC)に掲載された資料では、iPhone Xのワイヤレス充電仕様は「Basic Power Profile (BPP:5 Watt)」と標記されています。あれ、iOS 11.2から対応が開始された7.5Wじゃないんですね。またQiでは15Wのワイヤレス充電が可能な「Extended Power Profile(EPP)」が策定されていますが、こちらにも対応していないようです。

それに関連してか、Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]がCES 2018に出展していたWPCに直接問い合わせたところ、「iPhone X/8/8 Plusの7.5Wの急速充電はApple(アップル)の独自仕様」だと回答されたそうなのです。つまり、iPhone XやiPhone 8/8 Plusの充電に対応したBelkinの「Boost Up Wireless Charging Pad」やmophieの「wireless charging base」は、Appleの独自仕様に対応した製品…ということになります。

iPhoneの無線充電についてはいまいちその動作が掴みきれておらず、米Gizmodoの調査によればSamsung(サムスン)の9V出力が可能なワイヤレス充電器でも高速充電ができました。また今後発売されるApple純正の無線充電マット「AirPower」は仕様が一切公開されていないのですが、個人的には高速充電が可能になると期待しています。

独自仕様と聞くと思わず眉をひそめたくなる人もいるかもしれませんが、Appleもなんらかの理由があってこの仕様を採用したのでしょう。まずは、AirPowerの購入でどれだけ快適なワイヤレス充電ライフが楽しめるのかを体験してみたいですね。

Image: Apple
Source: Wireless Power Consortium via Macお宝鑑定団Blog[羅針盤] 1, 2

(塚本直樹)