前日14日午後のソウル市内の様子。PM2.5のレベルは「悪い」で、空が白くかすんでいる=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】ソウル市で15日、大気汚染の原因となる微小粒子状物質「PM2.5」が高濃度になると予想されることから、通勤時間帯のバスや地下鉄などの公共交通機関の料金が免除される。マイカーでの出退勤を減らすのが狙い。

 ソウル市は、午前0時から午後4時までのPM2.5の平均濃度が大気1立方メートルあたり50マイクログラムを超える「悪い」のレベルとなり、翌日も引き続き「悪い」が予想される場合、「粒子状物質の非常低減」措置を発令する。措置の一つとして、始発から午前9時までと午後6時から9時まで、市内バスとマウルバス(ミニバス)、地下鉄1〜9号線、ライトレール牛耳新設線の料金を免除する。

 京畿道や仁川市など市街に出ると料金が発生する。市の運営ではない一部の地下鉄路線と仁川空港行きの空港鉄道も適用外だ。また、免除を受けるには交通系ICカードや同機能付きのクレジットカードやデビットカードを改札機や読み取り機にかざす必要がある。1回限りの乗車券や定期券の利用者は対象外。

 市は15日のPM2.5レベルが「悪い」という予報を受け、14日に低減措置を発令したが、15日は夜明け前に雨が降り、午前6時時点のレベルは「普通」となっている。ただ、中国などからPM2.5が飛来すれば、濃度は次第に上がるとみられる。