些細なことですぐにイライラして、ストレスばかり溜めてはいませんか? 怒ってばかりの人生ってすごく心を消耗します。できることなら、毎日笑顔でゆったり生きたいですよね。
今回は、イライラせずに生活するスキルをご紹介します。イライラするかしないかは、自分の考え方次第ですよ。

すぐにイライラする人は自分のルールにこだわりすぎ

怒りやすい人というのは、生真面目で自分にも他人にも厳しい人です。自分の中のルールが常識だと思っているので、ちょっとズレた行動をした人にたいしてイライラしてしまうことも……。
イライラしないためには、他人を許せるようになることです。まずは、以下の3つの方法を試してみましょう。

イライラを抑える3つの方法

1. 一旦考えるクセをつける

あなたが知り合いに話しかけたときに、そっけない態度をとられたら不安になりますよね。嫌われるようなことをしただろうかと考え、思い当たることがなければ、感じの悪い人だとイライラしてしまうでしょう。「もう絶対に話しかけない!」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。
しかし、その人は体調が悪かっただけかもしれません。前日にツラいことがあって、余裕がなかっただけかもしれません。一旦、冷静になり他の可能性も考えてみること。視野を広げることが、イライラを抑える秘訣です。

2. 自分が正しいという考え方を捨てる

イライラしてしまうのは、自分の価値観とその人の価値観が違うからです。自分の価値観が絶対に正しいと思ってしまうと、相手の行動を「正しい」、「正しくない」でジャッジしてしまいます。価値観の異なる人を「悪い人」だと判断して、攻撃してしまうことも……。
どんな価値観をもっていても、それはその人の自由です。それが正しい、間違っているなどと決めつける権利は、あなたにはありません。そういう人もいるのだと受け止めること。それだけでいいのです。

3. イライラしない性格の人と付き合おう

イライラしやすい人もいれば、滅多にイライラしない人もいます。滅多にイライラしない人は、ちょっとズボラで周りを気にしないマイペースな性格の人に多いでしょう。生真面目な性格の人からすれば、見ていてイライラするタイプかもしれませんね。しかし、他人にイライラしない人は、自分に甘い分、他人にも甘いです。だからこそ、おおらかな気持ちで人を許すことができるのです。
自分と違うタイプの人と一緒にいると、たくさんのことを学べますよ。おおらかな性格の人と一緒にいれば、自分もおおらかになっていきます。自分を変えたいと思うなら、自分とは似ていない人と付き合ってみましょう。新しい発見があるかもしれませんよ。

いかがでしたか? 考え方を変えるだけで、心にゆとりを持てるようになります。しかし、ほんの数日で考え方がガラッと変わるわけではありません。なかなか変わらないからといって、決して焦らないこと。
ゆっくり時間をかけて、ゆとりある生き方に変えていきましょう。