アクセンチュア・インタラクティブは12月に10社目のエージェンシーを買収し、マセラティ(Maserati)をアカウントとして獲得した。これに象徴されるように、2017年は同社が伝統的なマーケターとの距離感をさらに縮めた1年となった。

アクセンチュア・インタラクティブでイギリスおよびアイルランド地域の経営ディレクターを担当するジョイディープ・バッタチャリャ氏は次のように述べた。広告主にとって、コンサルティング企業が従来のエージェンシーの代わりの存在となるのは時間の問題だ。そして2018年は崩壊しつつあるデジタル広告のエコシステムが白日のもとにさらされ、コンサルティング企業にとって有利に働くだろう、と。

以下に同氏との編集、要約した会話を紹介しよう。

――大規模ブランド各社は、コンサルティング企業がサプライチェーンに参入するのは無理だと考えていた。そんななか、アクセンチュア・インタラクティブがマーケターの投資アドバイスで重要な役割を担えるのはなぜか?



いまはまさに、マーケターにとってかつてないほど事業の成長に注力しなければならない時期だ。そうしなければ、他社に出し抜かれてしまうだろう。さまざまな業界でいままでのやり方が破壊され、次々に新しい企業が台頭している。そんななかで企業が繁栄するためには、自社の成長の方向性に優れた影響を与えられるマーケターが必要だ。そうなるのは時間の問題だし、(変化を)リードしていくのは当社でありたいと考えている。

――アクセンチュア・インタラクティブは営業をしたわけでもないのに、マセラティに選ばれた。選ばれたのはそういった理由からなのか?



マセラティのCMO(ヤコブ・ニュボー氏)は、(事業の)水平展開の重要性について説いている。それでもクリエイティブからデータ、テクノロジーとエンドツーエンドで参加するだけではなく、真のパートナーになる準備ができていると公言しているエージェンシーは多くない。この真のパートナーとは、すなわちクライアントのKPIの成長を本当に理解し、自社の費用すらリスクにさらす覚悟ができている企業だ。アクセンチュア・インタラクティブはそのための人材も企業文化も備えている。それだけではなく、結果を出すため完全なアカウンタビリティーを負う覚悟がある。

(2018年)エージェンシー各社はパートナーとしてのコミットメントと、成長に直結した商業的な関係性を求められるようになるだろう。従来の意味でのクリエイティビティはさらに重要になる。消費者の心に訴えかけ、彼らの心を掴むには、いままで以上の競争を勝ち抜かなければいけないからだ。

――新しく企業を買収したが、それについてはどうか?



たとえば、カルマラマ(Karmarama)のように直接的なチャネルを保持する当社のエージェンシーは、良い業績を上げ続けている。これは当社のエージェンシーが幅広いストーリーテリングを語れるからだ。当社にとって、(新しい企業は)マセラティのようにクライアントをグローバルな段階へと引き上げるときに重要な役割を果たしている。

アクセンチュアの一員とすることは、その企業の拠点となる地域にアクセスできるようになるということでもある。新事業の獲得は、規模の拡大だけでなく、当社の評判を高めるのも目的のひとつだ。当社はクライアントについても選別している。長期的に見ればそのほうが見返りが大きいと考えているためだ。

――クライアントや、メディアや監査といったアクセンチュア・インタラクティブの事業間で利害対立が起きうることについて、懸念はあるか?



当社のアプローチは明確だ。すでに当社の家族とも呼べるパートナーとなっているエージェンシーに迷惑をかけるような買収は行うつもりはない。たとえばカルマラマを買収したときの話をしよう。同社と私たちが互いにとって有益な関係を結べることが分かってから最初に行ったのは、共同(カルマラマ、フィヨルド・インタラクティブ[Fjord Interactive]、アクセンチュア・インタラクティブ)でどの事業をそれぞれが担当するのがベストかを相談し、決めることだった。当社に依頼してくるクライアントはそれだけ多かった。だから、当社の3人のCEOが集まり、そうしたシンプルで簡単な話し合いを行った。

――プログラマティック広告事業が成長すると、衝突が起きる可能性は大きくなると予測される。事業から監査を切り離すことは考えているか?



それは、実際にそうした問題が起きたときに対処すべきことだ。いまは、クリエイティブとデータ、テクノロジーを活性化させることに力を注いでおり、そのなかでプログラマティック広告は重要な役割を負っている。そのときどきの状況と、クライアントにとっての価値に基いて、市場でどう動くのがベストなのかを決定していく。

――アクセンチュア・インタラクティブは、クライアント社内の取引デスクの管理サービスという形でもプログラマティック広告を推奨している。同様のサービスを展開するメディアエージェンシーも多いが、そのなかで2018年、どのようにこの事業を成長させるつもりか?



アクセンチュア・インタラクティブが保有するプログラマティック広告は、ひとつの臨界点、変わり目となりうる量に達している。これからはさらに多くの企業を惹きつけるだろう。クライアントが自分たちの金がどこに使われていて、成果を向上させるにはどうすれば良いかを知る手助けを求めて、より多くの依頼が当社に来るようになると考えている。これは当社だけが原因ではない。市場とメディアの関心は、いま大きなニュースとして扱われている透明性やブランドセーフティの問題へと移りつつある。

――アクセンチュア・インタラクティブがデジタルエージェンシーのロスコ(Rothco)を買収した理由は?



まず言っておきたいのは、アクセンチュア・インタラクティブにとって買収の焦点となるのは(損益よりも)人材の獲得ということだ。財政規模を大きくするためだけにエージェンシーを買収するわけではない。当社の戦略のひとつに、当社が各市場でリーダーになることが挙げられる。イギリスで言えば、カルマラマだ。私の(管理)地域であるアイルランドで支配的な立場になるため、その一環としてロスコを買収した。

戦略を非常に重視しているエージェンシーも存在する。そうしたエージェンシーのなかには、ほかの事業にも良い影響を与えるエージェンシーもある。アイルランドは当社にとって大きな市場であり、世界規模のイノベーションセンターがある市場だ。国際的なブランドの本社もあれば大きな支社もある。アイルランドはクリエイティビティとイノベーションに関心を持つ国際的なクライアントと仕事をするのに最適な場所だ。

SEB JOSEPH(原文 / 訳:SI Japan)
Image courtesy of Accenture Interactive