DREAMS COME TRUEの全国ツアーで販売中の「テイクアウトライブカード」が話題を呼んでいるという。
 
同カードは「コンサートの持ち帰り」をコンセプトにした動画配信サービス。カードのQRコードをスマートフォンかタブレット端末で読み取ると吉田美和(52)を中心とした360度のステージ映像や、開演直前の様子を見ることができる。
 
導入は今回のツアーからで、1枚1500円(税込み)。視聴可能な映像は各会場によって異なる。にもかかわらず人気を呼び、昨年10月の開幕から現在まで18公演で1万枚以上を売り上げているというのだ。
 
そして驚くべきは、サービスの発案者は歌手の野口五郎(61)だという。
 
「野口さんは日本でいち早くダウンロードサービス市場に目をつけるなど音楽界の未来を考えて、“副業”を手がけていたんです。時間はかかりましたが、その副業がやっと形になったのです。かなり懐が潤っていると聞きました」(音楽業界関係者)
 
野口の発想の源は路上ライブでCDを手売りしていた若者たち。そこからライブの感動を持ち帰る「テイクアウトライブ」が生まれ、11年に特許を取得。13年から実用化されているという。
 
「このご時世、なかなかCDは売れません。となるとライブに自信のあるアーティストがカードを使って、ファンを拡大することも可能。今後、音楽ビジネスの主流になるかもしれません」(同前)
 
とはいえ野口のシングルは15年9月の「再会タイムマシン/Rainy〜会えない週末」以来発売されず。ファンは1日も早い新曲発売を待ち望んでいるはずだ。