「5万人のリストラ」から見えた 万年平社員の共通点とは?

写真拡大

優秀なエリートには共通点がある。彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。24年間で5万人以上のクビ切りを手伝い、その一方で、6000人を超えるリーダー・幹部社員を選出してきた松本利明氏の新刊、『「ラクして速い」が一番すごい』から、内容の一部を特別公開する(構成:中村明博)

「できる人」と「できない人」は
何が違うのか?

 私はPwc、マーサー、アクセンチュアといった世界的な外資系コンサルティング会社で、グローバル展開やM&A、そして事業再生に基づく人事制度改革・人材開発に24年以上かかわってきました。コンサルティングした会社の数は600社を超えます。

 私が一貫して行ってきたことは「人の目利き」です。仕事は大きく分けて2つ。リストラと選抜です。累計すると、5万人を超えるリストラ、そして6000人以上の優秀なリーダー・幹部の選抜を行いました。

 今のご時世、真面目にコツコツ一生懸命やる人は「いい人」とほめられても、評価されません。課長にもなれません。途中で体調を崩すか、万年(まんねん)平社員です。

 皆さん、薄々気づいているのではないでしょうか。

 実際に活躍しているのは、眉間にシワを寄せて一生懸命働く人ではなく、涼しい顔でサクサク仕事を進めている人です。

 結論を言います。努力はいりません。ラクに速く仕事をするほうが、結果が出て、さらに人生の選択肢も増えるのです。

 この事実はごく一部の優秀な人しか知りません。その人は黙っているので広まらないのです。

「能力があり、仕事ができる」から活躍しているのではありません。「ラクに速く仕事をしている」から能力が上がり、チャンスをつかんでいるのです。国内外600社以上のコンサルティングの現場で、例外は1つもありませんでした。

1秒でも早く仕事を終わらせる

 誤解されやすいのですが、“ラクをする”とは「手抜きをする」「適当にする」ということではありません。力の「入れ所」と「抜き所」を押さえ、ムダな仕事を減らすことです。

 この心がまえを持ち、日々の仕事にとり組めているかどうか。それが、リストラされた5万人と選抜された6000人の「差」です。

 本連載では、力の「入れ所」と「抜き所」を押さえ、スピーディに仕事を進めるやり方を「ラクして速い」と定義します。

【「ラクして速い」の定義】

“ラク”とは、力の「入れ所」と「抜き所」を押さえ、ムダな仕事を減らすこと
“速く”とは、1秒でも早く仕事を終わらせること

「集中すべきものと、捨てるべきものを正しく取捨選択する」。こう言い換えてもいいでしょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)