ルネサスエレクトロニクスが自動運転用に注力するマイコン(左上)と、米見本市に出展した自動運転デモ車(写真:ルネサスエレクトロニクス)

「自動運転では圧倒的な強みがある」。半導体大手ルネサスエレクトロニクスの呉文精社長は今、自信を深めている。

車載半導体に強いルネサスの業績は、自動ブレーキなど複雑な処理を必要とする運転支援機能の普及を追い風に拡大中だ。2017年12月期は売上高7710億円と、前年同期と比べて約2割増を見込む。大規模なリストラを経て、ようやく復活が見えてきた。

今後のカギとなるのが、冒頭の自動運転だ。1月9日から米ラスベガスで開催された家電見本市で、ルネサスは最新の自動運転車のデモ走行を実施。来場者の注目を集めた。

車載半導体でほぼトップのシェアを握る

自動運転に用いる半導体は、自動車全体の“脳”となるチップ、センサーなどからの情報を基に判断・命令を行うSoC(システム・オン・チップ)、命令を受けて各部品を制御するマイコンの3種類に大別される。ルネサスはSoCとマイコンで高いシェアを握る。


そんな同社を自動運転車開発のパートナーに選んだのが、トヨタ自動車だ。昨年10月、トヨタとデンソーが2020年の実用化に向け開発中の自動運転車に、ルネサスのマイコンとSoCを採用することを発表した。野村証券の山崎雅也アナリストは「現状の車の延長線上にあるレベル3(高速道路での自動運転)においてはよいポジション。今後5〜10年は成長が期待できる」と分析する。

ルネサスのマイコンの強みは、高速演算処理と低消費電力にある。これらは回路上の線幅を細くする「微細化」で実現する。一般的なマイコンは線幅が90ナノメートルだが、ルネサスは40ナノメートルで消費電力は3分の1以下まで抑えられる。自動運転では、膨大な情報を高速で処理するために大量の半導体が搭載される。省電力化は不可欠だ。さらに細い線幅の製品開発も進めているという。

一方のSoCは他の車載半導体メーカーが注力してこなかった分野だ。ルネサスは母体の1社、NECのテレビ向けCPUの技術を生かし、カーナビのチップを開発した。これを自動運転に応用している。

こうしてルネサスは、1社で判断・命令のSoCと制御のマイコンをそろえた。自動運転に必要なチップ同士の密な連携が可能になる。

自動運転などのさまざまな機能を搭載するには、チップに載せるソフトウエアも重要になる。ルネサスはソフトウエア開発で200以上の企業と手を組む。たとえばソフトバンクのロボット「ペッパー」の感情エンジンを車に持たせ、運転手の心理状態を察知するなど多様な機能が実現可能だ。

より多くの人がソフト開発にかかわれば、機能の多様化が加速する。開発環境の整備にも力を入れており、開発キットを低価格で販売する。これを車に接続するだけで開発者はソフトを実車で試すことができる。今後ルネサス製品の機能が充実すれば、採用企業が増える可能性は高い。IHSマークイットの杉山和弘シニアアナリストは「スマホOSのアンドロイドのように普及するイメージだ」と言う。

インテル、エヌビディアにどう対抗するか


AIの処理に適したエヌビディアの最新型GPU「テスラV100」(写真:Nvidia)

着実に実績を積んできたルネサスだが、この先は茨の道だ。自動運転をめぐり、これまで車載と縁のなかったインテルやエヌビディアといった米国の半導体大手も続々と参戦。各社とも、車全体を自社製品で固める戦略を打ち出している。

特にエヌビディアはAI(人工知能)技術の開発を強化し、主力製品のGPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット)を自動運転の脳を担うチップとして活用。今やトヨタや独フォルクスワーゲンなど、世界の自動車大手が同社を頼る。

自動車の末端を制御するマイコンから頭脳部へと攻め上がるルネサスと、脳から車載半導体の市場全体ににらみを利かせるエヌビディア。今後、「完全自動運転」へと進化すれば、勢力図は激変する可能性もある。前出の杉山アナリストは、「ルネサスがエヌビディアに対抗するのは、AI関連のM&Aなどをしないかぎり厳しい」と見る。

ルネサスはマイコンメーカーで終わるのか、車載半導体を制するのか。戦いは本番を迎える。

ルネサス社長「量産車では絶対に負けない」


ルネサスの呉文精社長は車載半導体事業の重要性を強調した(撮影:今井康一)

社長就任から約1年半。ルネサスの呉文精(くれ・ぶんせい)社長は、自動運転時代に向けた車載半導体の戦略に手応えを感じ始めている。東洋経済の単独取材に答えた。

構造改革後の成長戦略を実行することを使命として2016年に社長に就いた。2017年6月に産業革新機構が株式の一部を売却した後、825円の売り出しから株価は1400円程度まで上昇した。高く評価してもらい、自立に向けた第一歩を踏み出せた。

自動運転分野ではマイコンで圧倒的な技術の強みがあり、価格競争にはならない。自動運転が広がれば、車自体の商品性がマイコンやSoCで決まるようになる。われわれの立ち位置も変わってきた。これまでは顧客が求めるスペックのチップを造る企業だったが、今は車メーカーに直接提案することも増えている。


当記事は「週刊東洋経済」1月20日号 <1月15日発売>からの転載記事です

最近話題のエヌビディアの製品は、高級車には載せられるだろうが、量産車に載せるにはそうとう消費電力を抑えないといけない。車の世界で勝つには、顧客と将来のロードマップを共有し、量産車から高級車種向けまで幅広い価格帯で製品展開する必要がある。半導体メーカーが儲かるところだけをやっても、車メーカーはラインナップをそろえられない。量産車では絶対に負けないようにやっていく。

今後も車載事業はルネサスにとって重要なエンジンだ。M&Aもタイミング次第だが、検討している。車載で開発した先端技術を他の事業でも活用し、さらなる拡大を目指す。