アジアU-23選手権のグループリーグ第2戦が行なわれ、日本はタイを1-0で下し、2連勝。グループリーグ突破を決めた。

 勝ちはしたが、相手の堅陣を前に日本は苦しんだ。攻めてはいても1点が遠かった。タイは初戦の4-3-3から、日本と同じ3-4-2-1に布陣を変更。守備時は実質5バックで後ろを固め、前線のスピードを生かしたカウンター狙いに徹してきた。

 日本は試合前日の練習で4-3-3のタイを想定し、いかに布陣のミスマッチを生かし、相手ディフェンスの間に縦パスを入れていくか、を確認していた。それを考えれば、いきなり機先を制された格好である。

 結果、初戦のパレスチナ戦から一転、中盤では楽にボールを持たせてもらえた。だが、その先に待ち構える5バックの壁をなかなか破ることができなかった。MF岩崎悠人(京都サンガ)が振り返る。

「今日は(中盤に)スペースと時間があったので、ボールを受けることに関しては前回(パレスチナ戦)よりよかったが、そこから先のゴールへ向かうコンビネーションや最後の(プレーの)質のところで、まだまだかなと思った」

 岩崎は、2シャドーを務める自分やMF高木彰人(ガンバ大阪)がボールを持って前を向いても、「その先がなかった」と話していたが、その理由のひとつとして挙げられるのは、チーム全体、特に中盤がボールを受けようとするあまり、下がりすぎてしまったことだろう。

 森保一監督が率い、J1を3度制した当時のサンフレッチェ広島のサッカーを手本にするならば、攻撃のキーワードは「幅」と「深さ」。横に広くボールを動かし、かつ、縦の奥行きを作ることで相手DFラインにギャップを生み出すことがカギとなるが、タイ戦に関して言えば、「深さ」を作り出すことができていなかった。

 中盤で選手同士の距離を縮め、テンポよくショートパスをつなぐことで、最初はシュートシーンを何度か作れた。だが、タイは後ろに人数を多く割いていたとはいえ、DFラインは高く保っていた。にもかかわらず、中盤での短いパスを多用することは、最終ラインを破られなければいいタイにとっては思うツボ。日本は前半なかばを過ぎたあたりから、ボールを保持するもペナルティーエリアにまったく入れなくなった。岩崎が続ける。

「今日はボランチの位置が少し低いと感じたので、ボランチとの距離が遠くならないように下がってプレーした。もう少し(相手DFラインの)背後を狙う動きを見せればよかったが、今日は中盤で受ける意識が強かった」


タイの分厚い守備をこじ開けようと仕掛ける遠藤渓太

 今大会初先発となったMF遠藤渓太(横浜F・マリノス)が、「ベンチからも声が出ていたが、もう少しドリブルで強引にいってもよかった。途中からみんなドリブルやワンツーを意識し出した」と語ったように、特に試合終盤、1トップのFW田川亨介(サガン鳥栖)をはじめ、無理やりにでも相手ディフェンスをこじ開けようとするプレーが増えた。結果的にそれがCKを呼び込み、試合終了間際のDF板倉滉(川崎フロンターレ→ベガルタ仙台)の決勝点につながった。

 だが、この試合は「強引にいっても勝てる相手」(遠藤)だったからよかったが、本来なら力任せではなく、もっと相手DFラインにギャップを作り出す、すなわち、深さを作り出すような攻撃を仕掛けたかった。

 そのためには、まずは3バックがもっと自分たちでボールを動かし、ボランチに頼らずに攻撃の起点となること。そして、1トップ2シャドーが高い位置で前後の出入りをし、一発で相手の背後を狙う動きも見せておく必要があるだろう。確かにパスはよくつながったが、中盤頼みの単調なパスワークに終始した感は否めない。

 とはいえ、初めて同じチームでプレーする選手がほとんどで、しかも、わずか1週間あまりの準備期間で臨んでいる大会である。選手たちはよく戦っているというのが、全般的な印象だ。

 初戦のパレスチナ戦と比べても、明らかに攻守両面で連係はよくなっており、選手たちの戦術理解が進んでいる様子はうかがえる。粘り強く攻め続けただけでなく、どうしても得点がほしい試合展開でも守備意識は切らさず、相手のカウンターをほぼ完璧に封じたことの価値は高い。

 森保監督も「初戦より多くのチャンス作れたのは、チームとしてベースアップしたというところを選手が見せてくれたから」と言い、満足そうにこう語る。

「相手がどういう戦いを仕掛けてくるかは、もちろん試合前に想定して準備はするが、今日のようにそうでないことは多々ある。選手たちは落ち着いて相手の出方を見ながら、自分たちがどうやったら力を出せるかを実践してくれた。途中、たくさん(相手選手が痛んで)試合が切れて、集中力を失いそうになったときでも、選手はピッチ内で声を掛け合い、続けてプレーしてくれたことが最後の得点にもつながったと思う」

 2連勝で決勝トーナメント進出が決まった日本は、グループリーグ最後の北朝鮮戦で勝つか、引き分けで首位通過となり、敗れれば2位通過となる。もちろん、勢いを持続して準々決勝に入っていくには最後も勝って締め括(くく)りたいところだが、現実的に準々決勝を考えれば、通過順位にはあまり意味がないだろう。

 というのも、準々決勝の相手はカタール、ウズベキスタン、中国のいずれかで、3カ国ともそれほど力の差はない。そして試合会場も、首位通過の場合は移動せずに江陰に残れるが、ピッチ状態がかなり悪く、日本にとって決して好ましい条件ではない。一方、2位通過の場合は常州へ移動しなければならないが、ピッチ状態は万全。どちらにも一長一短があり、どちらかが明確に有利とは言えないからだ。

 ならば、首位通過にこだわる必要はなく、第3戦ではこれまで出場機会がなかった選手にチャンスを与えることもできるだろう。森保監督は語る。

「チーム立ち上げからまだ間もないので、準々決勝やグループ首位とかを考えずに、1戦1戦ベースアップできるようにやっていきたい」

 東京五輪を目指すチームにとって初の公式戦は、選手の戦術理解度を高め、かつ、その選手のパイを増やしていくという点で、理想的な展開で進みつつある。

◆裏切り者と言われてまで、齋藤学がライバル川崎Fに移籍した理由>>

◆ネイマールが、どうしても別れたくない22歳の美人女優とは?>>

■サッカー代表記事一覧>>