久保田かずのぶ(とろサーモン)

写真拡大

13日深夜放送の「俺の持論」(テレビ朝日系)で、お笑いコンビ・とろサーモン久保田かずのぶが、ビットコイン詐欺の被害を受けたと語った。

番組では、同局の漫才コンテスト「M-1グランプリ2017」で優勝できた理由について、久保田が「久保田流3つのネガティブシンキング」と題した持論を披露。そのひとつとして、「どんな相手に対してもまず信じてみる」を紹介し、結果的に被害を受けた「ビットコイン事件」について説明した。

久保田によると、ビットコインが仮想通貨にもかかわらす、"B"と刻印されたコインを10枚くらい並べられてセールスされたとか。久保田いわく、1ビットコインが200万円ほどで取引されていた当時に「1枚2万円」で販売すると誘われ、「そんないい話ないでしょ!」と飛びついてしまったそうだ。

話を聞いていたハライチ・澤部佑は「めちゃくちゃバカだぞ」と思わずコメント。実際その通りで、久保田は後輩芸人から「これは詐欺と一緒ですよ」と指摘され、実際にECサイト「Amazon」で、そのコインが1枚400円で販売されている事実を知らされたそうだ。

【関連記事】
とろサーモンの「M-1」優勝を心底喜んだ俳優…伊藤淳史が駅のベンチで落涙
とろサーモンの暗黒時代 東京進出後に収入激減「3万ぐらいに」
松本人志がM-1で「うれしかった」出来事…ファイナリストたちもうなずき