J1復帰の名古屋新体制…ジョーが7番、ランゲラックが22番、新10番はシャビエル

写真拡大

▽名古屋グランパスは14日、2018シーズンの選手背番号を発表した。

▽風間八宏体制2年目の名古屋。ブラジル代表FWジョーやオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラックといった大型移籍を成立させ、2年ぶりにJ1の舞台に戻ってくる。

▽背番号は、ジョーが7番、ランゲラックが22番に決定。昨年途中加入ながら圧倒的な存在感を誇ったMFガブリエル・シャビエルは背番号44から10番に変更となっている。

◆2018シーズン選手背番号

新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK

1.楢崎正剛

16.武田洋平

18.渋谷飛翔

22.ランゲラック☆←(レバンテ/スペイン)※完全

DF

2.畑尾大翔☆←(ヴァンフォーレ甲府)※完全

3.櫛引一紀☆←(北海道コンサドーレ札幌)※期限付きからの完全

5.新井一輝☆←(横浜F・マリノス)※期限付きからの完全

6.宮原和也☆←(サンフレッチェ広島)※期限付き延長

29.和泉竜司

39.内田健太

MF

4.小林裕紀

8.ワシントン

9.長谷川アーリアジャスール☆←(大宮アルディージャ)※完全

10.ガブリエル・シャビエル☆←(ヴィトーリア/ブラジル)※期限付き延長

14.秋山陽介☆←(早稲田大学)※新加入

21.八反田康平

23.青木亮太

32.深堀隼平

33.梶山幹太

FW

7.ジョー☆←(コリンチャンス/ブラジル)※完全

11.佐藤寿人

13.大垣勇樹☆←(興國高校)※新加入

19.押谷祐樹

25.杉本竜二

28.玉田圭司

30.松本孝平