「これがチョコレート?」と思うような、私たちを驚かせてくれるチョコレートを3つ集めました。

ジャン=ミッシェル・モルトロー

 ヴォヤージュ・デュ・タブレット・ビオ ココナッツシュガー&ニブ/ジンジャー

開封すると入っているのは、果実味のあるペルー産オーガニックカカオ豆とココナッツシュガーで作ったタブレット。贈り主(!?)は、仏ロワール地方に住む、オーガニックを愛してやまないショコラティエ。彼から届いたおいしさとやさしさを、誰に贈りますか。1枚¥1,296(税込み)。薬糧開発TEL:0120・953・200

パレスホテル東京ペストリーショップ「スイーツ&デリ」

 パレット

毎年、ユニークなモチーフチョコが話題を集めるホテルが、今年のバレンタインに送るのは、絵画のパレット。ダークチョコのパレットはもちろん、絞り出した絵の具も絵筆もチョコレート。絵の具のチューブにはナッツのペーストが入って遊び心満点。¥4,200。100個限定。2/1〜14。B1 TEL:03・3211・5315

アンダーズ 東京ペストリー ショップ

 チョコレートリップセット

こんなにおいしかったら、すぐ舐めちゃいますね。ピンクのルージュは、イチゴ風味のホワイトチョコ。そこに異なるリップを塗った(!?)セクシーな唇チョコが3つ。メンズライクなシグネチャーチョコレートを持つホテルだけど、今年のバレンタインはロマンティック。¥2,200 。2/1〜14。1F TEL:03・6830・7765

※『anan』2018年1月17日号より。写真・芹澤信次 小川朋央 スタイリスト・大谷優依 文・齋藤優子

(by anan編集部)