ご存知の方も多いだろうが、日本に比べてアメリカではあらゆるものがデカい!

家具や家のサイズ自体も大きいし、食べ物に関してもスケールが違う。

椅子よりもデカい…

お菓子も例外ではない。
しかし、日頃からビッグサイズに慣れているアメリカ人ですら驚く、超ビッグなチョコレートが注目を集めている。

それがこちら。

1人掛けの椅子と同じ…いや、椅子を遥かに上回る大きさ、存在感である。

小分けのダークチョコレートが2000枚入っているというから想像を絶するスケール感だ。

これはredditに投稿されたもので、投稿によると、投稿者の両親が米ファッション・メガストア「T.J.マックス」で購入したものだという。

Chocxoというメーカーのチョコレート

ママがセール価格の120ドル(約1万3000円)で買ってきたそう。

Mashableが伝えるところによると、製造しているのはカリフォルニア州にあるChocxoというメーカー。

この巨大パックのために200万個以上のチョコレートを作っているそうだ。

パックの大きさだが、高さは3フィート(1メートル弱)あり、通常325ドル(約3万6000円)で販売されている。

今回投稿者のパパとママはかなりお得な買い物ができたというわけだ。

そのパパと比較するとこんな感じ。

joycieejuice/reddit

そこら辺の幼児を軽く超える大きさである。

これには、「袋の中に入ってチョコに埋もれたい」「なぜこんなもの自体が存在するのか不明。欲しいけど」「メーカーは作るの大変だろうな」「業務用にしても程がある」「巨人用の食べ物だ」といった驚きの声が寄せられている。