藤井聡太四段が1時間20分足らずで勝利 地元のファンの前で対局

ざっくり言うと

  • 藤井聡太四段が14日、朝日杯将棋オープン戦で澤田真吾六段を54手で破った
  • 序盤から積極的に攻め込み、わずか1時間20分足らずで勝利を収めた藤井四段
  • 公開対局の名古屋の会場には、地元の将棋ファン580人が駆けつけていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング