品書きを前にして、思わず唸る。定番の焼肉定食のほか、ローストビーフ重、牛カツ定食、ユッケ丼、果ては釜めしや肉そばに至るまで、ランチだけでザッと20種類以上。

山形山 月島店(最寄駅:月島駅)

「山形県は食材の宝庫。山形牛はもちろん、郷土料理の魅力も広めたくて店を始めました」と、話す店主の沼田さん。焼肉店ではめずらしい本格派の釜めしは、山形県産米「つや姫」を最大限に美味しく食べてもらうために考案されたという。一頭買いする山形牛のメニューもお値打ち。サーロインなどの極上部位が入る切り落とし定食や、たっぷりと敷き詰められたローストビーフには「出したときにワッと驚かせるのが好きなんです」という店主の心意気があらわれている。古民家をイメージして造られた内装も居心地がいい。

山形牛ローストビーフ重

艶やかな赤身のローストビーフは、ご飯が見えないほどびっしり。低温調理でモモ肉をしっとりジューシーに仕上げてある。山形の老舗醤油店「丸十大屋」の醤油に大根おろしなどを和えたタレが後を引く

山形牛切り落としMIX定食(100g)

この日の部位はモモ、イチボ、三角バラ、サーロインなど。希少部位でもこの値段で惜しみなく提供できるのは、一頭買いのなせる技だ。150gは2000円、200gは2550円。漬け物も山形の老舗店から取り寄せたもの。ご飯はおかわり無料

山形牛リブロース釜めし

霜降りのリブロースをのせて炊き上げ、肉の甘みや旨みがしみ込んだ「つや姫」の味わいは絶品のひと言。黄身を崩して絡めれば、長ネギやゴボウの風味と相まってすき焼き風に。各定食のご飯は800円増でこの釜めしに変更できる

山形山 月島店

東京都中央区月島1-5-2 [TEL]03-6228-2954 [営業時間]11時半〜14時半、17時〜23時45分、土・日・祝11時半〜23時45分(ランチ〜14時) ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター8席、テーブル16席、個室16席 計40席/全席禁煙/カード可/予約可/夜はお通し324円別、サなし [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか月島駅7番出口から徒歩1分