サンチェス移籍間近か…U-23ブラジル代表ウインガーの代理人がロンドンに

写真拡大

▽アーセナルが、FWアレクシス・サンチェス(29)の後釜確保に動いているようだ。ボルドーのU-23ブラジル代表FWマルコム(20)の代理人がロンドンに滞在しているようだ。『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じている。

▽アーセナルでは、今季で契約満了となるサンチェスの移籍が取りざたされている。マンチェスター勢のいずれかの移籍が濃厚とみられている中、アーセナルはチリ代表FWの後釜としてリーグ・アンで活躍するマルコムの獲得が噂されている。

▽報道によれば、マルコムの代理人は現在、ロンドンに滞在中。アーセナルとの交渉に臨むためかもしれない。

▽2016年1月にコリンチャンスからボルドー入りしたマルコムは、これまでに同クラブで公式戦79試合に出場し、18得点を記録。ウイングポジションを主戦場としている。