平均年収186万円…日本に現れた新たな「下層階級」の実情東洋経済オンライン

平均年収186万円…日本に現れた新たな「下層階級」の実情

ざっくり言うと

  • 就業人口の約15%を占める、「下層階級」の実情を取り上げている
  • 平均年収は186万円で、貧困率は38.7%、配偶者がいるのはわずか25.7%
  • 健康にも問題があり、多くが「絶望的な気持ちになることがある」と訴える

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング