首位と6打差からスタートの片岡(写真は初日)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 3日目◇13日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>
米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」の第3ラウンドがスタート。ハワイにあるワイアラエCCを舞台に、首位と6打差の12位タイで2日目を終えた片岡大育がティオフしている。
【スイング連続写真】FWキープ率上位の片岡大育は再現性の高い“小回り型”
片岡は日本時間の7時15分にスタート。1番ホールをパーとしてコースに飛び出した。現在、トータル13アンダーの首位には、初日の“64”に続き、2日目に“63”を叩きだしたブライアン・ハーマン(米国)が立っている。
3打差2位タイには、クリス・カーク、トム・ホージ、ザック・ジョンソン、ジョン・ピーターソン、テイラー・グーチ(共に米国)の5人が続いている。
トータル2アンダー60位タイで予選ラウンドを突破した今平周吾は、日本時間の7時55分にインコースからスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

米国男子リーダーボード
【注目選手スイング解説】今平周吾、フォローで左ヒジが曲がっていても問題ない!?
好位置で決勝進出の片岡大育 飛ばない男が目指す“二刀流”
“谷原”ルートか“岩田”ルートか、日本人選手が描く海外への道
【WITB】スイングを変えずにギアで飛距離アップした片岡大育