森保監督が連続完封を評価「いい攻撃をするために、いい守備してくれた」

写真拡大

 13日に行われたAFC U−23選手権・グループリーグ第2戦で、U−21日本代表はタイに1−0で勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。

 森保一監督は「いい攻撃をするために、いい守備を実践してくれた」と守備面を評価。初戦のパレスチナ戦に続いて完封した守備に手応えを示した。

「この2試合、カウンター狙いで来た相手に対して、無失点に抑えることができた。マイボールを大切にし、積極的に相手を崩しに行くことは大切ですけど、それだけになってしまっていたら、恐らくカウンターの狙いにはまってもっとピンチになった」

「失点になるかもしれないという場面も、選手たちがバランスを取ってやってくれた。今後、いい結果をより高い確率で得るためには大切なところなので続けていきたい。もっと強い相手に対してもこういうことができるようにしたい」

 タイが初戦からシステムを変更し、守備を徹底してきたことで、日本は崩し切れない時間帯が続いた。森保監督はハーフタイムに「とにかくチャンスを一つよりも二つ、二つよりも三つ、と多く作って得点チャンスにつなげていこう」と指示。後半は中央からのコンビネーションだけではなく、サイドアタックやミドルシュートを織り交ぜながらゴールに迫った。

「冷静に相手の情報を入れながら、選手たちがどうやって力を出せるかということを実践してくれた。試合が切れて集中力を失いかけそうになった時も、選手がピッチ内で声を掛け合ってプレーを続けてくれた」

 最後はDF板倉滉(ベガルタ仙台)の2試合連続ゴールで勝利を手にした森保ジャパン。指揮官は「選手たちの『勝ちたい』、『点を取りたい』という気持ちが最後にゴールにつながった」と攻守で粘り強く戦った選手たちを労った。日本は16日にグループリーグ最終戦の北朝鮮戦、19日に準々決勝を戦う。